再解説、続、どの時代の誰にでも通用する成功法則(松下幸之助の鳥の話し)3

成功法則
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《松下幸之助の鳥の話し》

「大道原理」としての「自然に沿った生き方」とは

一般の人達が考える「菜食主義」や「ロハス」、

「自然の中に住まう」等の考え方とは、少し異なり

ます。何故なら、それらの考えは「自然に寄り添っ

た生き方」であり、それに「溶け込み」「隠れ」

「利用」しようという「寄生的」なニュアンスが含

まれます。それに対して《本来の「自然に沿った生

き方」とは人が生きて活動する中での「補完と共生」

の「法則」を表しているのです。》

これを、分かりやすく解説された例として

「故 松下幸之助翁」の「戦後の鳥の話し」があり

ます。概略しますと、戦後直後の日本は「大変な

食糧難の時代」でした。配給だけでは全く事足りず、

「食べる物が無い」のですから、国民のほとんどは

内緒で、やってはいけない「闇取引」等で食いつな

いでいた訳です。そんな人々が生きる事に困窮して

いた時代に、ある「猟師からの話」を聞きます。

その「猟師の話」によると、当時数多くの「鳥獣」

を獲って料理してみたが、いずれも「栄養十分」で

「丸々と太っていた」ということなのです。日本が

戦争に負け、人々が困窮していても、

《それは「人間」だけの「都合」であって、その外

にいる「鳥」は嬉々として自然と戯れ、楽しみ栄養

も充分に摂り、何一つ「飢える」ものは無いのです。》

人は「鳥獣」よりも遥かに優れた「知恵才覚」があ

りながら、食べ物にさえ困窮するとは、いったいど

ういうことなのか?」

《それは人々が自然に従い、自然のことわりに則し

た営みを、人間は正しく出来ていないからなのでは

ないか?》

と、「松下幸之助翁」は、この「命題」にたどり着く

ことになるのです。「帰結」は次回に。

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました