再解説、宇宙シリーズ、人類の「宇宙滞在」に新たな壁(視覚障害脳圧症候群の発見)2

宇宙
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《視覚障害脳圧症候群の発見》

人類の「宇宙滞在の夢」は、最新の研究では皆さん

の「近々、宇宙は身近になるのでは?」という楽観

的な予想とは正反対の「絶望的な事実」が日々発見

されているのです。

つい先日「米放射線学会」が発表した事実には、流

石の「NASA」も「遂にこの症候群の原因が分か

ったのは、良い知らせだが、現時点で我々はこれに

打つ手がない」とコメントするのが精一杯だったの

です。この「症候群」は「国際宇宙ステーション」

に長期滞在した「宇宙飛行士」の「約3分の2」が患

っています。この不思議な「症候群」を「NASA」

が最初に発見したのは「2005年」の事だったそうです。

長期間の「宇宙滞在」を終えて地球に帰還した「宇宙

飛行士」の多くが、なぜか「視覚障害」に悩まされ、

なかには「治らない人」もいることから「調査研究」

が行なわれました。

その中の一人は「宇宙ステーション」に行く前の「視

力」は「1.0」だったのに、僅か半年間の任務の後、

帰還した時には「0.2まで低下」していたそうです。

徹底的な身体検査によりMRI画像で判明したのは

《「宇宙飛行士」の眼球の後ろが「球状」ではなく
「平たく押し潰された」様になっていたのです。》

他の7人の「長期滞在」をした「飛行士達」も、皆

「眼窩(がんか)」の「脳脊髄液」の量がかなり多

くなっており、そのせいで「宇宙飛行士」の眼球の

後ろにかかる「圧力が高く」なり、眼球の後ろ側を

平たく押しつぶして「視神経の突出」も顕著であった、

ということなのです。

「怖いですねー!」現在この症状は「視覚障害脳圧

症候群」と呼ばれて、更に研究が進められいるので

すが、こと「無重力が原因」であるならば、SF映

画では「お馴染み」の「船体の居住区画を回転」さ

せ、その「遠心力で得る人工重力」ぐらいしか手は

無さそうである。やはり「人間」とは、そもそも

「地球上」でしか「生きられなく」作られている

「生き物」なのであろうか?となります。

いかがでしょうか?

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました