再解説、人の「魂」を紐解いていこう!(原始人の魂)3

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《原始人の魂》

太古における「魂」の「概念」とは?事が「概念」

ですから「理性」による「認識」と他と共通した

「価値観」を持たなければなりません。また「信

仰」すなわち「原始宗教」と「魂」の概念は表裏

一体とも言えるのですが「20万年前」に出現して

「2万年前」には滅びたとされる「ネアンデルター

ル人」は既に「死者」を「埋葬」し花を供えると

いう「宗教的行為」を思わせる「遺跡」が発掘さ

れており、更に「クロマニヨン人」や「ホモサピ

エンス」の時代になると手の込んだ「埋葬方法」

や「墓制」が存在しており、食料や道具等の「供

物」も有ったことから「宗教と死生観」そして

「魂の概念」は明確に「共通認識」として存在し

ていたようです。また「埋葬」する際にも「手足

を縛る」風習が確認されている事から「死後の世

界」や「死後の霊」に対する「恐れの概念」は共

有していますので「魂の概念」がおぼろげに有っ

た可能性が大いに有ります。

ただ、面白いのは「約10万年前」より出現した

「現生人類」の祖先である「ホモサピエンス」と

「ネアンデルタール人」は「数万年」の間、同じ

「地球上」に存在していました。

「ヒト属」の「音声」による「会話能力」は「25

万年以上前」には獲得しており、ほぼ「5万年前」

迄は、どちらも似たようなものだったのですが

「5万年前」に「ホモサピエンス」は劇的に進化

して「現代的」になり、一気に世界中に拡散して

いき、残った「ネアンデルタール人」は滅びる事

になります。しかも、ミトコンドリアの「DNA

解析」では「ネアンデルタール人」は我々の「直

系先祖」ではなく「生物学的」にも「別系統の人

類」である為に、それらの「混血」は存在し難い

のでは?という説があるのです。

しかし、それは同時に「別系統の生き物」であっ

ても、そこ迄の「意識」「理性」「認識」を持ち

得たという事を示しているのです。

「ネアンデルタール人」が何故「絶滅」してしま

ったのか?は謎のままですが、「生き物の可能性」

を感じることが出来るのではないでしょうか?

「すごいですよね?」

いかがでしょうか?よく「猿」から「類人猿」に

なって「ネアンデルタール人」そして「クロマニ

ヨン人」「ホモサピエンス」と進化を重ねる人類

のイラストを目にすると思いますが、実は間違い

なのです。19世紀には発生していて信じられてい

たこの進化の考え方ですが、我々は「クロマニヨ

ン」や「ネアンデルタール」から進化した訳では

なく、この三つの解剖学的な種はほぼ同時期にこ

の地球上に存在していた種で「ホモサピエンス」

人類種だけが生き残り、その他は絶滅したという

事なのです。そして少なからず「種の混血」も行

われていた、というのも事実なのですよ。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました