再解説、転職するなら理由を分析しないと(過去の仕事に巡り合った意味を考えて活かす)2

仕事
このブログは現在3500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《転職するなら理由を分析しないと》2

《過去の仕事に巡り合った意味を考えて活かす》

この仕事は「ヤバイ」、もうこの仕事は「駄目だ」

「心と身体」が「病んで」しまう前に「脱出しよう!」

私は「良い事」だと思います。最早「目標や志の無い

仕事」なのに、無理やり「我慢」する必要は無いと

思います。そこでサッサと「決断」を済ませ、誰もが

言い難い「辞めます!」という言葉を吐けた「あなた」

は、ある程度の「勇気」がある方だと思います。

「負けた」とか「続かなかった」とか「逃げた」なんて

思う必要は無いのです。「合わない物事」を「我慢」して

「耐えれば良い」なんて「全時代的」で「昭和の考え」です。

《それよりも「大切」なのは「ここから」なのです。》

つまり、ここから先を「どう選択するか?」によって、

人の「人生の質」や「レベル」は大きく「変わる」のです。

《人は実際に「体験」してみないと「分からない」事は
とても「多い」のです。》

ここで言う「分からない事」とは「自分の事」であり、

「自分がどう思うか?」ということなのです。

《例えば、こんな体験をした後で、あなたが「考えるべき」
なのは、「嫌だった」のは「前の職場」の「仕事なのか?」
それとも、その「職場の人なのか?」です。》

これは、単純に「仕事」が合わなかったのか?「人」が

合わなかったのか?という事です。

《「人生」なんでも「積み重ね」》ではあります。何をする

何を出来る、それらの為にはやはり「努力」が必要になり、

あらゆる「経験、物事」は「活かされ」なければなりません。

「嫌だ」「合わない」と言って「辞める」事は決して悪いこと

ではありませんが、《「あなた」も「縁あって」その「仕事」

に「巡り合った」のなら、その「意味」を「考えるべき」

なのです。そこを「軽く考えるな!」ということです。》

それが、ただの「時間の無駄使い」と言うなら、「あなた」の

「人生」は「ショボい」ものになってしまうでしょう。

《つまり、何かを「成し遂げる人」の場合は、それが「嫌な
経験」であっても、「無理矢理」でも「そこから学び」その
経験を「活かそう」とするでしょう。》

全ては「事後的」「懐古的」です。後から「振り返って」

みて「その為に必要だったのだ」と分かるように出来ている

ものなのです。その為には「あなたの人生」に対しての

「意味」を知る必要があります。

《「前の職場の人」が「嫌」なのでしたら、その職場を辞める
事は「正解」だと言えます。でも、その「職種」を辞める
のなら、その「職種」で得た「スキル」を「活かす」ことを
無理矢理でも「絞り出して」考えるべきなのです。》

これらを「前提」にして、新たな「職種」「職場」を「考えて」

みましょう!!。

それが「出来る人」の「転職術」なのです。

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト - 古式マスターヨーガ/武当派太極内丹法~気功 瞑想 呼吸法専門
古式マスターヨーガ/武当派太極内丹法~気功 瞑想 呼吸法専門

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました