再解説、転職するなら理由を分析しないと(前の環境の愚痴は要らない、最後は情熱だけ)5

仕事
このブログは現在3500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《転職するなら理由を分析しないと》5

《前の環境の愚痴は要らない、最後は情熱だけ》

《この「世の中」とは「やってみないと分からない事」
ばかりです。》

《もしも、「あなた」が「転職」や「転居」に大いに
「迷う」事があったなら「縁」と「感覚」に身を
委ねてみるのが、何かと「正解」を導くでしょう。》

その点では「転居」は分かりやすい「例題」だと言え

ます。例えば「あなた」が「お引越し」をする際には、

「不動産屋のお兄さん」に連れられて、二軒三軒と

具体的に「物件」を「見て回る」事になる筈です。

《そこで「あなた」は「思う」筈です。この「物件」は
「アリだなー!」とか、この「物件」は「住む気がしない」
とか、あれこれを「思いながら」選択していくでしょう。》

《それが「縁」であり「勘」を使う「感覚」なのです。
「やってみないと分からない物事」を事前に「予感」に
より「受け取り」「選択する」事こそが「縁」と「勘」
を「探る」という行動なのです。》

誰もが「お引越し」する時だけ、そんな「縁」や「予感」を

「拾おう」としますが、それこそ「できる人」や「経営者」

が「最も頼り」にしている「最優先の感覚」なのです。

《ですから、それを「転職」にも「使えば良い」のです。》

「あなた」の「自宅」から、通勤の「景色」や「雰囲気」、

その「職場」の人達が醸し出す「独特の雰囲気」も含めて

「あなた」の持つ「感性」に「合うか合わないか?」、

それを「感じる」のも「縁」を「感じる」事に繋がります。

それは、「地図」を広げて、周囲の「スーパー」や「学校」

「医者」等の「諸条件」を「卓上」で「検討」したとしても

「分からない物事」だと言えますし、その「感覚」の方が

「より確か」だと言えます。

《それでも、最後は「情熱」が「鍵」を握ります。》

「転居」の際の「不動産屋さん」にしても、「転職」の際の

「面接官」の人に対してもそうなのです。最後は「情熱」

です。「私にピッタリの物件が欲しい!」「私にピッタリの

仕事が欲しい!」そんな「前向き」な「訴え」が「人の心を

動かす」のです。前の「住居」の「不具合」や「不満」、

前の「職場」の「不具合」や「不満」、それらの「愚痴」を

「訴える人」は多いのでしょうが、ハッキリ言って、そんな

「情報」、より良い「物件」や「仕事」をもらうのに、

《相手に言ったからといって、何一つ「良い印象」は与え
ませんよ。》

「ああ、そうですか」「それは大変でしたね」というくらい

の事です。そんな「後ろ向き」の物事を羅列するくらいなら

「前向きにアピール」する方が、相手も「ご期待に添えるか」

と「力」になってくれる「確率」はグンと上がります。

相手も人なのです。そんな「相手の立場」を察して「頭を使

える人」だけが、より良いものを「獲得」出来るのですから。

よくよく「考えて」くださいね。

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト - 古式マスターヨーガ/武当派太極内丹法~気功 瞑想 呼吸法専門
古式マスターヨーガ/武当派太極内丹法~気功 瞑想 呼吸法専門

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました