再解説、全てを悟る「トンレン」の秘密(トンレン第五段階「全融合」)10

トンレン
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《トンレン第五段階 (全融合)》

「マスターヨーガ」の「行者」は「トンレン」を通して

様々なものを学んでいきます。「他」の人々と「氣」を

「循環」させ「精神融合」することによって、他の人々

の様々な「思い、生き方」を知り、やがては「他の人」

の「痛み」さえも、自分の中に「コピー」を取ることが

出来るようになっていきます。これらは全て段階的に

ちゃんと分かるようになっており、それらは全て「氣塾」

で「実証済み」です。

《第五段階 (全融合)》

「氣の波」の中でも「動物」とりわけ「人」の発する思

いの乗った「波」は分かりやすいものです。自分自身も

色々な「思い」をする度に、4番に座る「魂」より発せ

られるからです。その認識は「ため息」を出した時等に

認識できると思います。「トンレン」に習熟していくに

連れて、「行者」はより「細かい」微細な波長の「波」

にも「感応」出来るようになります。

「精神融合」から「感覚融合」へと進むと、より「微細

な波」に対して、自身の「センサー」が信号を拾うこと

が可能になっていきます。

当然、拾う自身も日によって「氣」が「高い、低い」が

ありますが、そのような自身の「センサー」の「誤差調

整」にも慣れていく必要があり、それは自身の「呼吸法」

による「気力」を調整することが大切になります。

このようにして「トンレン」に「習熟」していくと様々

な「人の個性」が「データベース」でもある自身の「魂」

に「蓄積」されていきます。様々な「人を解析」してい

くということは「禅」でもあり、あらゆる「個性」の理

解は、自身を「小悟り」へと導いてくれるのです。

そして、その「小悟り」はやがて「人とは何ぞ?」とい

う「深いテーマ」につながっていきます。まさに「トン

レン」というものは、強い「気力」を使うことによって、

「止観行」を含むあらゆる「行法」の「利点」を兼ね備

えているのです。

それに並行して、より良い「気質」と強い「気力」が備

わるということは、更に「悟る力」を促進してくれます。

なぜなら、そのより良い「気質と気力」は「氣」の中に

ある、より「細かい、微細」な情報に「反応」すること

が出来るからなのですが、それは、その「力」が「人以

外」に向けられることによって始まることになります。

では、「まとめ」に入っていきましょう!

いかがでしょうか?その言葉に出来ない「氣の波」にこ

そ、あらゆる「情報」が込められているのです。先ずは

「人」という大きな感情のエネルギーから理解して、そ

れがどんどん「微細なエネルギー」の理解に繋がってい

くのが進化の道だと言えます。その鍵を握るのは「自分

の精神の静かさ」これに尽きます。自分が静かであれば

ある程、周りの静かな、微細な音が聞き取れるようにな

るのは、自然の理法だと言えます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました