再解説「聴勁」「トンレン」「祝由」の術としての正体(太極秘訣、捨己従人)3

このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《太極秘訣、捨己従人》

つまりは「聴勁」「トンレン」「祝由」いずれの「技術」

も、《今の相手の「心境、心情」を自分の中に「コピー」

して、更に「変化」を「トレース」する「技術」。》

ということなのです。「太極武術」において「聴勁」は、

「推手」において、学んでいきますが、最初は「掌」を

合わせて、互いに一定の「リズム」で「押しと引き」を

繰り返し、「氣」を「馴染ませ」、「氣」を「合わせて」

「融合」を掛けていきますが、やがて、必ずどちらかの

「リズム」に「変化」が生まれていきます。この時の、

「微かな、筋肉」と「触れ具合」の「変化」を「察知」

していくことが重要になります。最初は「維持」する

だけで「精一杯」の筈ですが、これに馴染むと互いに

「虚」すなわち「フェイント」を「混ぜ込み」それに

合わせての「押し引き」が可能になってくるのです。

《「太極武術」において「推手」は「基礎」であり

「奥義」を知るものです。》

これらの「理論」を「充分」に「理解」していなけれ

ば、いくら「套路」が進んでも「太極」は理解出来ま

せん。「推手」が進んでいけば、最初は「物理的」な 

「筋肉」の「微動」を「知る」ところから、徐々に

《「相手の攻撃」の「気配」が「察知」出来る。》

様になり「手が合わさって」いなくても、それが理解

出来る様になっていきます。つまり少々離れていても

《相手の「精神」への「アクセス」が可能になり。》

それが「可能」になれば、効果的な「一言」や「振る

舞い」を放つことにより、「戦い」を「避ける」こと

も可能になっていく訳です。これらの「妙法」は全て、

相手が「押せば」自分が「引き」、相手が「引けば」

自分が「押す」と言う、

《「相手主体」で自分がそれに合わせて「融通無碍」

に「変化」する。「捨己従人=しゃっきじゅうじん」

の「妙技」》

こそが「太極武術」の「真髄」である。と言えるの

です。そして「太極」の「技術」とは「武」だけに

は在らず、人との「関わり」全てに「合い通じる」

と昔から言われる「事実」でもあります。

いかがでしょうか?昔は命のやり取りが日常的に存在

していた為に「武」の技術は研ぎ澄まされたと言えま

すが、命のやり取りが日常でなくなった現代において

も仕事を含めた人と人とのやり取りの中での「真剣勝

負」は存在する訳で、これら「太極の教え」は実はと

ても役立つものだと言えるのです。私は人生上で、そ

れにとても助けられましたから、皆さんにお伝えさせ

て頂いている次第なのです。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました