再解説「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(この世からズレる恐怖感に打ち勝てるのか?)7

未分類
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《この世からズレる恐怖感に打ち勝てるのか?》

《「瞑想」における「技術」とは、如何に「健常」にあ

りながらも、この「世の中」のあれこれから「ズレるこ

と」が「可能」になるか?にあります。》

しかしこれらは「現実と常識」から「外れる」「ズレる」

恐怖から「打ち勝つ」「抵抗する」必要がありますが、

《「発達障害」や「知的障害」を持つ人達「サヴァン症

候群」の人達は、これを「たやすく」乗り越える「素質」

を持ちます。》

更にもう一つ、この「恐怖」から「打ち勝つ」と言うよ

りは「逃れる」事が出来る「ヒント」があります。

《それは「老い」です。》誰もが「歳をとる」ことから

は「逃れられません」。でも「老い」は「悪い事」だけ

では無いのです。何故なら「若い頃」とは「感覚的」に

「粗雑」です。「元気」ですし「勢い」ばかりですから、

あまり「繊細な物事」を「理解」する事は出来ません。

実際に「瞑想」を実践したとしても「意識レベル」も乱

雑に高くて、雑念だらけ、集中力も散漫、とても深く物

事を捉える事は出来ない方が殆どです。そこでも

《たまに「感覚的に非常に繊細」な方もおられるのです

が、その場合は大抵が「精神、身体的」にも「虚弱体質」

です。とても「内向的」で「自閉症気味」、病んでいる

場合は「鬱病」になっている場合も多く見られます。》

まあ、この場合「気的」には、あらゆる「感受性感覚’」

を司り大きな「気力」を必要とする「6番チャクラ」が

「身体と精神」の「健康」と「安定性」を司る「2番、

3番チャクラ」の「氣」を全て「持って行って」しまう

為に、「2番、3番」の「エネルギー’」が枯渇しがち

になってしまうことが、日常的にも「虚弱体質」に陥

りやすい原因となるのです。

これらを「前提」にした時に「歳をとる」「老いる」と

いうことが、どの様に違うのか?を考えると、その本当

の「意味」が見えてきます。それは単純に「機能が低下

する」という「表面的」なものではありません。それは

「機能が低下する」からこそ「見えてくる」、

違った「景色」というものなのです。

いかがでしょうか?「老いること」とは「見えなくなる」

「聞こえなくなる」事であり、それは同時に「この世」

からの「フェードアウト」すなわち「ズレる」事と同義

なのです。「この世」からズレる事とは「あの世」に

「近付くこと」そうすれば徐々に「あの世」を観ずる事

も可能になる、とも言えます。つまり何かと「悟る」事

も増えても当然なのです。《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました