あの世/この世

あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(それが生業なら、定期的に奇跡を起こせ)8

《それが生業なら、定期的に奇跡を起こせ》 「カリスマ性」を持つ人とは、必ず極端というものに 「挑み」ます。「極端な期待」や「極端な責任」を 背負って「極端なプレッシャー」と戦います。そして その「極端な状況」の中に...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(カリスマの個性は変形した職人のタコ)7

《カリスマの個性は変形した職人のタコ》 「カリスマ性」を持つ人とは、時折「ミラクル」を起 こします。「カリスマ」とは「理屈を超えた理屈」と 非常に「仲良し」と言えるのでしょうね。 でも、そこで「普通の人」が「勘違い...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(あらゆる世界に「悟り」は存在する)6

《あらゆる世界に「悟り」は存在する》 《どの様にすれば「カリスマ性」を持てるのか?》 というものに着いてです。これは、結構近い質問を 「学生さん達」から度々受けています。これは、 「理屈を超えた理屈」に繋がる物事に...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(それは「真剣」が創り出す芸術)5

《それは「真剣」が創り出す芸術》 私は普段は京都、そして毎月三日間は東京で「個人 セッション」を展開しています。皆さん方も既にご 存知だと思いますが「氣塾の個人セッション」とは 私と生徒さん達、一人一人との真剣勝負...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(ネガティブなリーダーには誰も付いては行けない)4

《ネガティブなリーダーには誰も付いては行けない》 今回のお話しは「理解できる人」だけが理解して頂け れば良い内容となります。 「あなた」がもし「経営者やリーダー」そしてあらゆ る「結果を求められる位置」に着こうとし...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(時代は変わり、もう昭和は通用しない!)3

《時代は変わり、もう昭和は通用しない!》 《「西洋は強い個性が美徳とされ、常に自己主張を する文化だ」と言われます。これに対し日本の場合は、 「自己主張しなくていいほど、それぞれが調和と尊重 を重んじる文化だ」とも...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(必要な時に必ず師は現れる)2

《必要な時に必ず「師」は現れる》 《では、「起業」や「クリエイティブ」な世界に潜む 「理屈を超えた理屈」とは何なのでしょうか?》 それに「意志力」「やる気」が関与しているのは間違 いがありません。その人に「確たる志...
あの世/この世

再解説、この世には「理屈を超えた理屈」が存在する(理屈好きな理系には理解し難い領域)1

《この世には「理屈を超えた理屈」が存在する》 《理屈好きな理系には理解し難い領域》 《結局、この「世の中」は「意志力」が「絶対」なの です。「意志力」とは「やる気」「やり遂げる気」、 「折れない心」であり「初志貫徹...
あの世/この世

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(幼児と同じ、幼い魂も何も知らない真っさらなもの)7

そうです、この世において「幼児」が「無邪気な心」で「悪さ」や「イタズラ」をするのと同じで「魂」において「輪廻転生」の少ない「幼い魂」もまた、その「結果」が想像出来ない為に、安易に「悪事」を働くものです。更に「悪事」で言えば、その国や「宗教...
あの世/この世

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(本来誰の魂にとっても「悪」は身近なもの)6

《人の「幼児」に対しての「初等教育」は「抑圧」から始まる、と言われます。》「やっちゃ駄目!」と言うやつです。それはその幼児の持つ「無邪気な心」が「危ないこと」や「悪いこと」を好むからです。何も書き込まれていない「サラ」という事は、そういう...
タイトルとURLをコピーしました