「あの世」「この世」

「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(幼児と同じ、幼い魂も何も知らない真っさらなもの)7

そうです、この世において「幼児」が「無邪気な心」で「悪さ」や「イタズラ」をするのと同じで「魂」において「輪廻転生」の少ない「幼い魂」もまた、その「結果」が想像出来ない為に、安易に「悪事」を働くものです。更に「悪事」で言えば、その国や「宗教...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(本来誰の魂にとっても「悪」は身近なもの)6

《人の「幼児」に対しての「初等教育」は「抑圧」から始まる、と言われます。》「やっちゃ駄目!」と言うやつです。それはその幼児の持つ「無邪気な心」が「危ないこと」や「悪いこと」を好むからです。何も書き込まれていない「サラ」という事は、そういう...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(宗教はこの世に残された人達へのもの)5

あらゆる「宗教」とは「この世」に「残された者」に対して作られたものだと言えます。そしてその「宗教」により提示される「あの世観」が在り、それを皆さんは信じるのですが、それが「本当かどうか?」なんて定かではないのです。我々の「ギャーナ」はそこ...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(「神様のお仕事」を考える)4

さて、話題はどんどん進んで行きまして、テーマは「神様の仕事」になります。「鬼滅の刃」等漫画には「人肉食」が出てきますが、神様は同種の共食いに対して「異常プリオン」の摂取による致死率の異常に高い「狂牛病」「プリオン病」を予め「仕込む」事によ...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(愛は種の保存繁栄の基礎、本能だから向上性とは別)3

《人間はある程度以上に「本能」を制することを身に付けて「知性」を得ました。そこが他の生き物とは大きく異なる事となります。では、その「本能」の本質とはどの様なものなのでしょうか?》では、ギャーナを続けて参りましょう。弟子《欲の概念が本能に近...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(「輪廻転生」の存在理由)2

《そもそも「輪廻転生」とは、何の為に存在しているのか?》「バラモン」の先人達は、この「難問」に対して絶えず研究を重ねました。その鍵となるのはやはり「あの世目線」で物事を解く事です。それは「魂の向上性」の為には「何が必要か?」という事に繋が...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(インド哲学の価値観は全てあの世目線)1

さて、一連の《「あの世とこの世」本当の価値観》の一つの区切りとなる「弟子」との「ギャーナ」のやり取りです。これら一連の「あの世目線での価値観」を理解して頂ければ、普通の人達が如何に「あの世」に対して「間違った誤解」の世界観を持っているのか...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世とこの世」本当の価値観(神様の計算ミス)6

誰もが「役目」を持ち、その「お役目」を授かって降りて来ている、と信じています。その「お役目」とは「たった一人のため」もあれば「沢山の人のため」も有ります。現代の進んだ「情報化社会」とは誰にとっても「沢山の人達」に「役立つチャンス」を「遂に...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世とこの世」本当の価値観(あの世目線の本当の善悪観)5

全ては「善も悪も」全ては「この世」での「経験」により「知り、学ぶ」ことが必要なのです。そしてそれを「経験」する為には「チャレンジ」が必要になります。我々はその「挑戦」によってのみ、新たな「出会い」の「縁」を得て、その物語の中に「運」を得る...
「あの世」「この世」

ギャーナ「あの世とこの世」本当の価値観(魂の向上には莫大な数の処世術とノウハウが必要)4

《「あの世」での価値観「霊性の向上」に付いて、一般の人達がイメージする「仏性的な崇高な価値観」を求めると、それは少し「違う」と言えます。》最後にそれは、何故かと言うと「輪廻転生からの解脱から先」の方が、学ぶこと磨くべき事は多いからです。輪...
タイトルとURLをコピーしました