人間関係

人間関係

氣塾での「遺産相続」の相談(全ては「この世」で解決する、「あの世」に持ち越すもの無し)3

それぞれの「守りたいもの」があります。それぞれの 「守りたいもの」があるから、最後は「多少の譲り合い」 が必要になるのです。でも最後は身内ですし「人と人」 です。《月日を覚悟すれば「何とかなる」事も多いのです》 《一人二人の「強情」...
人間関係

氣塾での「遺産相続」の相談(自分が先に変われば、やがて人も変わる)2

《「遺産相続」を含めて、昔から「大人の揉め事」を 「解決」するのには「数年」の「月日」が掛かる。と 言われています。》 これを「ひっくり返す」と「数年の月日」を掛けた方が 良いのだ、とも言えます。何故なら「遺産相続の揉め事」 と言えば...
人間関係

氣塾での「遺産相続」の相談(大人の揉め事の解決には数年が掛かるもの)1

いよいよ京都にも激暑の日々がやって参りましたが、 読者の皆様におかれましても、お身体ご自愛下さいませ。 さて、今回からは「ショートネタ」を数本お届けします。 まあ、我々もそこそこの歳に成ってきた、ということなの でしょう。今年に入...
人間関係

「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣いは惜しむな、人には返報性の原理がある)4

《人を「気遣う」ことを可能にするのは「強さ」と 「安定」から来る「ゆとり」がもたらす「達観力」 です。》 人は誰しも、誰かに「気遣われる」ことに対して 「抗う」ことは出来ません。それは「気遣い」や 「心配り」というものが、何処までも「...
人間関係

「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣う力を禅の世界では「 老婆心」と言う)3

《私は「気遣い」とは「この世」においては、 「最も大きな力」なのではないか?と考えています。》 それは「人が強いエゴから離れて」初めて「他の人」や 「複数」にとって良いという「見識」を得ることが出来る からで、それは「主観、客観、俯瞰...
人間関係

「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣いとはどこまでも親身、親心と同じもの)2

《私は「気遣い」とは「この世」においては、 「最も大きな力」なのではないか?と考えています。》 何故なら 《「気遣い」とは、どこまでも「親身」「親心」 と 「同じ」ようなもの、だからです。》 それは「子を持った」からと言って、直ぐ様に...
人間関係

「気遣い」こそが人の最高の技量である(「一つの力」の行き着く先が「気遣い力」)1

時折、「修行は何処まで続くのですか?」とか、 「修行を続けると最後はどうなるのですか?」なんて 「ご質問」を受けることがあります。もちろん 《「修行」とは「無極」》ですから「極まる、終わる」 事は無しですし、私も未だ「氣塾」を通して...
人生・自分

「何で自分ばっかり」は選ばれた証(それを「どツボ」とするか「チャンス」とするか?)5

《「何で自分ばっかり」「困難」がおきるのだろう?》 でも、その「何で自分ばっかり」とは「選ばれた予兆」 かもしれないのです。 《何故なら「自分ばっかり」とは「人の上に立つ者」に とっては「定め」とも言えるからです。》 《それを「悲観...
人生・自分

「何で自分ばっかり」は選ばれた証(実はいつまでも「足場固め」は続けないといけない)4

誰もが「経営者」となって、その「仕事、商売」又は 「サービス」にまともな「営業力」が 付くのには、 「1年から2年」は掛かります。つまり「経営者」の 最初に現れる「困難の壁」とは「営業力の壁」です。 《新人「経営者」のほぼ「90%以...
人生・自分

「何で自分ばっかり」は選ばれた証(原因は脆弱性「自分ばっかり」には必然性がある)3

《「何で自分ばっかり」困難がおこるのだろう?》 そんな「根底から」それまで「積み上げできた全て」を 「ひっくり返す」ような「困難」。今考えれば「25歳」 で「独立」してから、私も「20回、30回」と 「乗り越えて来た」ような気がしま...
タイトルとURLをコピーしました