仕事

仕事

いい加減に「雇われる」思考から離れませんか?(江戸時代の庶民の仕事に見るバイタリティ)5

もっと頭を柔らかくして「仕事」を考えてみましょう。最後にこれは決して参考にしてはいけませんが、平和で「明治維新」が起こる前の「転換期」とも言える「江戸時代」に存在した、とても「キテレツな職業」を紹介しましょう。決して参考にはなりませんが仕...
仕事

いい加減に「雇われる」思考から離れませんか?(プロフリーランスの収入が不安定な訳がない)4

どちらにせよ、これからの時代「雇われる」という概念から離脱して「フリーランス、自営」で働こうという人達は「爆発的に増える」事になるでしょう。「コロナ禍」は一つの「きっかけ」であり時代の促進剤となります。「在宅勤務、テレワークの定常化」「終...
仕事

いい加減に「雇われる」思考から離れませんか?(あらゆる依存こそが搾取の元)3

人は、その人生の中のかなりの時間を「仕事」というものに費やします。その「仕事」に対しての「概念」にしても、取り敢えずの「食べるため」としている人から、そこに「夢と目標」を持って、諦めずに「挑戦」する人、既にその「夢、目標」を手にした人、そ...
仕事

いい加減に「雇われる」思考から離れませんか?(コロナ禍に対する受け止め方の差、日本と海外)2

あらゆる場面において「日本人は負け癖が着き易い」と言われます。それは「他国の人達」と比較して明白な「日本人」特有の「攻撃性の無さ」そして「受身体質」から来ます。何かと潔く、あっさりと「負け」を認めてしまいます。そして「負けたのだから」と更...
仕事

いい加減に「雇われる」思考から離れませんか?(全てを変える機会、チャンス)1

「テーマ」を続けていきましょう!!今回も「性格、思考パターン」に付いてのお話しです。《今の「あなた」の現実、立ち位置、仕事、環境全てが、これまでの「あなた」の「性格、思考パターン」での「結果」によるものてす。》今の「世の中」は過去に比べれ...
仕事

「ソーシャルディスタンス・チップ運動」のご提案(このままでは大切な商品、サービスが無くなる)4

「ソーシャルディスタンス禍」に着いては、これからあらゆる「経済レポート」でも言われる事になりますが「飲食、物販業界」「エンターテイメント業界」に留まらず、本来「一対一の対面」で行われてきたあらゆる業界「学習、英会話塾」「スポーツジム」「イ...
仕事

「ソーシャルディスタンス・チップ運動」のご提案(ソーシャルディスタンス禍はそれを守る店の禍)3

「ソーシャルディスタンス禍」とは「ソーシャルディスタンス」を守る事による「禍=わざわい」です。その現実とは「半数の席」で稼働させるから、売り上げは「通常の半分」という訳にはいかず、実際には「フル稼働時」の「3割にも満たない」という現実で、...
仕事

「ソーシャルディスタンス・チップ運動」のご提案(全ては平常時のチャレンジの賜物)2

《つまり「普通」に営業しないと、とても「お店」とは持たないのです。》沢山の「飲食店」が「外出自粛」の期間中「テイクアウト」や「Uber eats」「出前館」等の出前宅配形式で営業をしました。「Uber eats」なら「商品価格の35%」の...
仕事

「ソーシャルディスタンス・チップ運動」のご提案(半分の席数で半分の売り上げではない)1

《「ソーシャルディスタンス」を守る「お店」に対しての「頑張れ!」「ありがとう!」の「チップ制」が有っても良いんじゃないの?の提案です。》さて、いよいよ政府にる「緊急事態宣言」が解除され、先行で解除された都道府県、そして東京でもあらゆる業種...
仕事

いかにして「ポジティブ」を保つか?(世間がフリーズしている今、何を考えるか?)4

《「時間」とは「命の一部」です。その「命の一部」である「今の時間」を大切に出来ない人には、より良い「未来」なんて有り得ないと言えます。》「コロナ禍の今」とは「社会全体」が一斉に「止まっている」いわば「フリーズ」している、とても「稀な機会」...
タイトルとURLをコピーしました