「主観」「客観」

「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(いつの時代も道理は道理)6

最後に、大半の人達が、直ぐ他人に「答え」を 求めたがりますが、自らの「主観」に「道理」を 得てしまえば、誰かにその「成否」を訪ねる事も 無く、《自らの「主観」だけで、その「成否」を 「判断」出来るようになるのです。》...
「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(道理の理屈)5

基本的な「道理」を難しく考える必要はありません。 例えば「水」は必ず「上流」から「下流」に向かって 流れていきます。これは「道理」です。その反対の 「無理」とは、「技術」によって「水」を「下流」 から例えば「大きいポ...
「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(道理の反対は無理)4

人によって、それぞれの「立ち位置」は異りますが、 それにより必要な「主観」も変わるのです。 「あなた」がもし「組織の中の一員」だとしたら、 「客観性を内包」した「主観」のレベルが立ち回り し易いでしょう。でも、その「...
「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(達観の性質)3

ここまで、まず最初に「自己の性質」に捉われた 「独自の見識」である初期の「幼い主観」があり、 この時点では物事を見極める「正解率」はかなり 低いものなのですが、その「主観」がやがて「他の 人達」の「意見」や「事実」で...
「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(俯瞰から達観へ)2

《「道理」を得る》とは、どういうことか? 初期の「幼い主観」というものは、その人の 「性質」つまり「精神的」「肉体的」「社会的 位置」「金銭的」において「強い、弱い」や それらを元にした「過去体験」における「良し悪し...
「主観」「客観」

「主観から客観、俯瞰、達観」道理を得る(客観論は中道やや保守)1

《「主観的」な「見識」に絶えず「客観的事実」を 「導入」する様になれば、「初期段階」における 「主観」は育っていきます。》 これを「ベース」に物事を組み立てていけば、 比較的に「仲間や周囲」の「同意」を得やすくな...
「主観」「客観」

「主観と客観」判断出来る「主観」を育てる(客観を取り込んだ主観を養う)6

《優れた「主観」とは?》まず、その条件の 第一において、「客観的事実」が既に「内包」 されている状態にある、と言えると思います。 それには、まず「自分が見たなり、聞いたなりの 事実」があり、それに対してのそれなりの仮...
「主観」「客観」

「主観と客観」判断出来る「主観」を育てる(イノベーターの登場)5

「主観」と「客観」。時の流れが「安定的」な中に おいて、人々が集まり、物事が始まって行くのには、 「客観的な事実」に基づいた「定石的な手」で、 当然、上手くいくものですが、そこから「時が経ち」、 全てが変わりゆく中で...
「主観」「客観」

「主観と客観」判断出来る「主観」を育てる(革新的意見の必要性)4

《「主観」が鍛えられていなくて、弱い人が多い。 ならば、どうして「主観」を鍛えるのか?》 「主観」とは、「主体」である「あなた」の視点 からの「見たまま」「感じたまま」の「意見」です。 それに対し「客観」とは「あなた」以...
「主観」「客観」

「主観と客観」判断出来る「主観」を育てる(主観と客観)3

「世の中」というものは、それぞれの「人達」が 全く「違う思惑」を持って行動しています。 「仕事」や「プライベート」の「人間関係」に おいて、それぞれの「思惑」が見えない為に、 それが結果的に「人間関係」において「摩擦...
タイトルとURLをコピーしました