教え

教え

再解説「印僑」の使う精神魔法「ジュガール」(今日の「非常識」は明日の「常識」)9

《今日の「非常識」は、明日の「常識」》 「印僑」の持つ「ジュガール」とは「精神技術」です。 母国から遠く離れて生きる「人々」は、安易に「他の人」 に甘える事が出来ません。相談する事さえ出来ないかも 知れません。その...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(半ば強引に良い結果を引き出す)8

《半ば強引に良い結果を引き出す》 私が常日頃言っている「あれこれ」は「ジュガール」と それを育んだ「インド哲学、内丹哲学」からきています。 「和を重んじ」「抜きん出る」ことをあまり「良し」と しない「日本」と違い、...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(好きな事と、得意な事が「同じ」とは限らない)7

《好きな事と、得意な事が「同じ」とは限らない》 「ジュガール」の「教え」は、地方を納める「藩王」、 「ラージャ」の時代には既にありました。 「藩王」と言えば「マハラジャ」。「マハ」は漢語で 「摩訶」、「特別な、大い...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(ピンチの時、自分の中の神を起こせ!)6

《ピンチの時、自分の中の神を起こせ!》 師匠、「ラニー師」は「印僑」でした。私が師匠から 聞いていた「ジュガール」は「おまじない」のようで もあり、困難があっても「必ず何処かに出口がある」 という「ポジティブ」な「...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(全てを一度「シンプル」に考え直す)5

《全てを一度「シンプル」に考え直す》 「ジュガール」の「引き寄せ」の為の「教え」の一つに 《全てを一度「シンプル」に考え直す》 というものがあります。 人は生きている中で「同時」に「並行」して、色んな人 達と...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(「神秘主義」と「効率主義」の対立は有史以来の常)4

《「神秘主義」と「効率主義」の対立は、有史以来の常》 「印僑」の「成功哲学」であり「教え」でもある、 「ジュガール」の解説を続けます。 「ジュガール」の「教え」は「実践的」であり「確信的」 です。「当たり前」のよう...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(どうせ動くのであれば、元の「不本意」を無くせ!)3

《どうせ動くのであれば、元の「不本意」を無くせ!》 「ジュガール」は「印僑」の「教え」です。 「母国」から遠く離れ「異郷の地」で「ビジネス」を行 えば、数々の「困難」に出会います。 そんな時での「教え」の一つに、 ...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(既存の枠にとらわれない発想と行動)2

《既存の(枠)にとらわれない、発想と行動》 「ジュガール」とは「印僑」に伝わる「成功哲学」です。 その「教え」はいくつか有りますが第一が既存の「力」 の「組み合わせ」により「別の」新たな「価値観」を生 むことにあり...
教え

再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(小さな「力」を大きな「力」に)1

《「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」》 《小さな「力」を大きな「力」に》 以前、中国「太極理論」の人間界における「現象化」の 理論法則、「内三合」を紹介しました。三つの「力」 「心、意、気、力」が一つの方向に進ん...
教え

再解説「集団帰属欲」「集団心理」に従うな!の教え(大衆の真逆になってこそ存在価値は生まれる)4

《大衆の真逆になってこそ存在価値は生まれる》 さて、ここまで簡単にではありますが「集団帰属欲」 「集団心理」「群集心理」の「危険さ」について、 「非常時」や「経済面」においての現象のいくつかを 例に考察してきました...
タイトルとURLをコピーしました