哲学

哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(私にとっての「それ用の時間」とは「修行の時間」)5

《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   様々な「指導者」や「経営者」が同じ事を「証言」して   います。言い方を変えれば《「世の中」上手く出来ている》   ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(それ用の時間とは、人生の都合の良い条件)4

さて、ようやく本題に移ります。   《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   ここまで、「氣塾」に参加されている方々の「各世代別」に   典型的な「参加理由、目的」を...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(経営者になるには「勘、予感、直感」を鍛えろ!)3

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「お仕事」で「悩み」「模索」を続け   ている方々は多いですね。「氣塾」には「初心者、ベテラ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(人間関係の勝負は、気力と本気度が決め手)2

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「歳をとられた方々」の場合、主に   「悩み」とは「心身の健康と病気」が多かったりするのです...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(「氣塾」は「西洋医学、東洋医学」を跨いだ立場)1

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。それぞれの「年代、立場」によって、持って   いる「悩み、不安」の種類も様々です。私は「年がら年中」...
哲学

人間最後は「哲学」と「精神論」(ギーターの教え、何を行うかよりどの様に行うか)7

最後に「哲学」です。「古代インド」の至高の 「神の歌」である「ヴァガバット・ギーター」この 「ヒンドゥーの聖典」には、以下の言葉があります。 「クリシュナ」は、こう言いました。 《人それぞれに立場は違い、行うべきこ...
哲学

人間最後は「哲学」と「精神論」(志と大博打、責任のプレッシャーが、勘を育てる)6

「普通の人達」の考える「常識」に「反して」、 《「経営者」や「リーダー」は、もちろん「データ」を 参考にはしますが、日常的に「勘、直感」で「判断」 していますし、その為に「自身の勘」の「正確性」を 「管理」しているものてす。》 ...
哲学

人間最後は「哲学」と「精神論」(絶対が無ければ、全ては少なからず賭けである)5

《「絶対」ということが無い「この世」においては あらゆる「サイズ」の物事の「選択、判断」は 本質的に、全てが少なからず「賭け」となります。》 その「決断」の「サイズ」に関わらず、最後は全てが 「勘」一つとなります。それは「大...
哲学

人間最後は「哲学」と「精神論」(お金の稼ぎ方の方が当てになるという短絡的思考)4

例えば「お金に貧窮して困っている人」が居たと して、当てになるか、ならないか分からない、 《「引き寄せの法則」や「願望実現の法則」より 「具体的」に「お金の稼ぎ方」という「技術論」の 方が「大切じゃない?」という論調がありま...
哲学

人間最後は「哲学」と「精神論」(逆風には次の時代を生きるヒントが含まれている)3

《何故、「人間」最後は「精神論」なのか?》 我々は日々、沢山の「選択」と「決断」を繰り 返しているものですが、その中にはその人の 「人生をも変える力」を持った、決断」も 「あり得る」のです。言わば「ここ一番」ですね。...
タイトルとURLをコピーしました