哲学

哲学

弟子との「ギャーナ」の日々(読むべき本と読むべきページは運と縁で選ぶ)5

さて、弟子との「ギャーナ」のやり取りは、最近巷で増えてきた足の「ガクガク、ワナワナ感」から我々を支える「ヴェーダ哲学」の概要へと展開して行きました。ここから更に展開して行きます。 弟子《ヴェーダにもいろいろあるんですねー》私《最初の...
哲学

弟子との「ギャーナ」の日々(最近よく聞く「足元のガクガク、ワナワナ感」にあり得る要因)4

さて、こちらも日々の弟子との「ギャーナ」のやり取りとなります。日常的な「疑問」から発展して、いかに「真理」に対しての「教育」が行われているのか?を見て頂ければ幸いです。弟子《お疲れ様ですー! 金曜の修行のあとから3番が反応してきていて、食...
哲学

弟子との「ギャーナ」の日々(我流、自己流の難点と弱点)3

《弟子との「ギャーナ哲学」》の続きとなります。「お題」は「HSP、エンパス能力者」と我々「行者」の「能力比較」において、情報を受けた後の「自己コントロール」の差に始まり、「修行」による「自己制御論」更に「我流、自己流」の弱点、難点へと進ん...
哲学

弟子との「ギャーナ」の日々(怒るな、妬むな、私情を挟むな!判断が鈍る)2

さて、今回は《弟子との「ギャーナ=哲学」》です。「お題」は「HSP=ハイリー・センシティブ・パーソン」「エンパシー」「エンパス能力体質」となります。これは、ある日の1時間程度の中でのやりとりです。 弟子《知り合いでエンパス強い人がい...
哲学

弟子との「ギャーナ」の日々(いつでもオンタイム、知りたい時が知り時)1

さて今回は《弟子との「ギャーナ(哲学)」の日々》です。今回の「お題」は「HSP=ハイリー・センシティブ・パーソン」つまり、生まれつき「感受性」が強く「敏感な気質」を持った人と言えます。「エンパス」「エンパシー能力」とも表現され「感応体質」...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(私にとっての「それ用の時間」とは「修行の時間」)5

《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   様々な「指導者」や「経営者」が同じ事を「証言」して   います。言い方を変えれば《「世の中」上手く出来ている》   ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(それ用の時間とは、人生の都合の良い条件)4

さて、ようやく本題に移ります。   《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   ここまで、「氣塾」に参加されている方々の「各世代別」に   典型的な「参加理由、目的」を...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(経営者になるには「勘、予感、直感」を鍛えろ!)3

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「お仕事」で「悩み」「模索」を続け   ている方々は多いですね。「氣塾」には「初心者、ベテラ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(人間関係の勝負は、気力と本気度が決め手)2

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「歳をとられた方々」の場合、主に   「悩み」とは「心身の健康と病気」が多かったりするのです...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(「氣塾」は「西洋医学、東洋医学」を跨いだ立場)1

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。それぞれの「年代、立場」によって、持って   いる「悩み、不安」の種類も様々です。私は「年がら年中」...
タイトルとURLをコピーしました