哲学

哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(道元禅師の修証一等と只管打坐)6

《道元禅師の修証一等と只管打坐》 お分かり頂けたでしょうか?「空手のススメ」とは 「細やかな技術」の先にある、一つの「技術的境地」 でもあるのです。《「技術」を「十二分」に積み上げ 「実証」による「経験」を積み重ね...
哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(魂の設計図の解読)5

《魂の設計図の解読》 「開展緊湊」と「大展小異」は、どちらも「技術」に おける「妙法」を示しています。それは、 《最初は「大きく」「明確」に「伸びやか」に事を進 めて、やがて「動き」をどんどん「小さく」していき、 ...
哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(開展緊湊の後、やがて空手になる)4

《開展緊湊の後、やがて空手になる》 「仏教」における「修行」も含めて、あらゆる「道」と いうものは「技術の集積」により成り立っています。 「各段階」ごとにいくつもの「ステップ」が有り、それ らを完了することにより「...
哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(当時、最新だった禅文化)3

《当時、最新だった禅文化》 では、解説に入ります。「空手(くうしゅ)」とは「曹 洞宗」の開祖「道元禅師」の残した言葉であり「仏語」 「禅語」です。「何も持たない」状態を表し「手ぶら」 「徒手」でもあります。 ...
哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(禅語を鵜呑みにするな)2

《禅語を単純に鵜呑みにするな》 前の「テーマ」で解説いたしました「本来、全てはどうで も良い」は「精神的」な「テクニック」の一つでした。一 度「どうでも良い」として、自身の「ちっぽけな」「どう でも良い」「わだかま...
哲学

再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(道元禅師の空手還郷「くうしゅげんきょう」)1

《技術的な一つの境地としての「空手(くうしゅ)」の ススメ》 《道元禅師の空手還郷(くうしゅげんきょう)》 全ての「未来」は、今の「考え方」を起点に作られて行き ます。ですから「高度」な「思考法」や「哲学」を誤解な...
哲学

再解説、本来、全ての物事は「どうでも良い」という技術(守るべき一本の柱)5

《守るべき一本の柱》 「本来、全てはどうでも良い」「もし、あなたの余命が 一年なら?」これらを前提に、一度全てを「手放して」 その上で「あなた」にとって本当に「大切」な物事を捉 えることが出来れば、他の物事は「こだ...
哲学

再解説、本来、全ての物事は「どうでも良い」という技術(もし、余命一年なら?)4

《もし、余命一年なら?》 大抵の「こだわり」は本来「どうでも良い」ことが大半 なのです。この「どうでも良い」という「考え方」は 「釈迦」の言う「全ては、空しい」から来ており「イン ド哲学」で言う所の《何一つ、自分の...
哲学

再解説、本来、全ての物事は「どうでも良い」という技術(そもそも、何のために?)3

《そもそも、何のために?》 そろそろ「気が付いた」方が良いですよ!ということな のでしょう。「あなた」が一人勝手に作り出した、その 「流儀」や「決まり事」その大半は「わだかまり」であ り、酷い「エゴ」なのです。 ...
哲学

再解説、本来、全ての物事は「どうでも良い」という技術(こだわりは酷いエゴでもある)2

《こだわりは酷いエゴでもある》 何かを「成し遂げよう」と突き進む人達にとって「時 間」は酷く「有限」であり、同時に複数の「課題」を 持つことによって、あまりにも「手詰まり」になる時 があるかと思います。これは、どの...
タイトルとURLをコピーしました