智恵

智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(感覚を言葉に変える努力が必要)9

《「無分別智」とは、人と人の「言葉」を通した相互認識、 「常識」すなわち「分別」を超えた「閃き、予感、直覚」 により生まれる、言葉に変え難い「認識智」を言います。》 ここで一つ思い出して頂きたいのが「古式マスターヨーガ」 における「ユジ...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(無分別智とは超感覚的認識智を指す)8

そして「お釈迦様」は「35歳」の時の「12月8日」ついに 「仏の悟り」を開かれることになります。「無所有処」の 思想を飛び越え、一切を本来は無と感ずる事によって心の 安静を得て「輪廻」の濁流をも越え、欲望、苦悩を死滅 させる。シッダ...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(無所有処と非想非非想処定を体得)7

太子が城から白馬に乗り、出て行ってしまった後、当然 城は大騒ぎとなり、「浄飯王」は捜索隊を出すことに なります。太子に追いついた捜索隊は説得に努めます。 でも太子の決意は固く《父王の慈愛はよく知っています が、私は地上の王ではなく...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(苦行僧の志とシッダールタの志の違い)6

やがて太子は「浄飯王」に「城を出たい」と懇願します。 一旦は「浄飯王」の説得により留保するのですが、 太子は初めて「城の外の世界」を見る事にするのです。 これが「出家」のきっかけとなる《四門出遊》です。 《東門》太子が東門から出る...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(アジタ仙人の予言と文武両道の太子)5

釈迦國の「浄飯王」と後妻「マハーパジャパティ」に より大切に育てられた「シッダールタ太子」はとても 「聡明」であったとされています。その「聡明」さに 気が付いた「浄飯王」は、当時国一番と評判の高い 「アジタ仙人」を城に呼び「シッダー...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(天上天下唯我独尊)4

「仏教」とは「心を浄める」為の「教えと実践」を説く もので「心浄める」ために「こだわり、執着を手放す」 ことを説いていますが、何故、その様な「発想」に なったのでしょう?それを説く鍵は「釈迦」の出生と 生い立ちにあります。では、その...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(此れがあれば彼があり)3

さて「仏教」のポイントになるもの、として「四諦」 「八正道」をあげました。「縁起」に関しては後序 いたしまして、後は「気付きの瞑想法」というものが 有ります。これは「仏教誕生以前」の「バラモン教」等 においても同様なものがあり、「...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(広く民衆を救うコンセプトが斬新)2

「仏教」は今から「約2500年前」に、インドで誕生した 「宗教」です。前項の通り当時のインドは「十六大国時代」 と呼ばれる「戦国時代」であり、人の命がどんどん亡くな って行く中「残された人達の魂」を救う、「バラモン以外」 の「価値...
智恵

6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(仏教にはお葬式、先祖供養は無い)1

さて、今回は6月29日に東中野にて行ないました。 「知恵哲学講義」をダイジェスト的に、ご紹介させて 頂きます。ここまで「古式マスターヨーガ」が生まれた 時代背景と意味を模索する為に「古代インド史」から、 勉強して参りました。四千年以...
智恵

より良く変わらなければ!と足掻いている人達へ(ネガティブなら、せめて代替案を出せ)4

「なかなか思う通りにならない」「出口が見つからない」 「自分は要領が駄目だ」。「暗中模索」を繰り返して いると、知らぬ間に誰もが「懐疑的」「ネガティブ」な 「負のスパイラル」に陥いるものです。そんな「踠いて いる人達...
タイトルとURLをコピーしました