呼吸法

精神を「手なずける」ための術「呼吸法」(二、三回では駄目、最低二、三分ですよ)5

《「手なずける」とは「懐かせる」ことです。》 それが「人」で、ましてや「あなた」の「精神」 であるなら、常日頃「面倒を見る」ことにより、 それは「あなた」の「味方」に付いてくれる ことになります。「あなた」にとっての...
呼吸法

精神を「手なずける」ための術「呼吸法」(心の波立ちを抑えれば、無に通じる)4

「手なずける」とは、例えば「動物」で言えば、 「懐く=なつく」様にすることですし、それが 《「人」であれば、「面倒をよくみる」ことにより 「味方」に付けることを表しています。》 「あなた」の「心」が「いざという時」に...
呼吸法

精神を「手なずける」ための術「呼吸法」(人はその性格故に失敗する)3

《「観察」とは「あなた」の「思い癖」を知ること です。「思い癖」とは、特定の「条件下」において 「あなた」の中に「湧き出る」「衝動」の「観察」 です。》 例えば、普段から「気が強い」あなたが、特定の 「条件...
呼吸法

精神を「手なずける」ための術「呼吸法」(心が変わるとき呼吸が変わる)2

《「呼吸法」はあなたの「暴れ馬」を「手なづける」 為には、最良で唯一の方法です。》 さて、どうして「手なづけるか?」ですが、それで なくても、なかなか言うことを聞かない「あなた」の 「精神」ですから、「一朝一夕」とい...
呼吸法

精神を「手なずける」ための術「呼吸法」(精神操作は馬術と同じ)1

《健やかで、正確な「呼吸法」であるために。》 「インド」では、古来から「氣」すなわち「あなた」 の「精神」は「暴れ馬」に例えられました。 何故なら「いざという時」に限って「あなた」の 「思い通り」に言うことを聞いてく...

「入力と出力」のバランスが成長を決める(人は教えているあいだ成長する)6

考えてみれば、人は「他の人」からあらゆる事を 「学ぶ」ことにより「成長」します。私も「お師匠達」 により「学び」を得ることによって、「成長」する ことが出来ました。この「観点」から見れば、 《「教える」事とは「人作り...

「入力と出力」のバランスが成長を決める(最良の出力の形は教える、伝える)5

「修行」により「学ぶ」「入力」した先には、 あらゆる「形」の「出力」「実践」が必要になります。 その「出力」「実践」とは、自分と他の人に対して 得た「学び」を「活かす」「役立てる」事に尽きます。 《「役立つ」ことを「...

「入力と出力」のバランスが成長を決める(修行で得た学びを日常にリンクさせる)4

「習い事」や初期の「道」を歩む者にとって、 「入力」「学んだ」後の「出力」「実践」とは、 初期においては「発表会」「練習会」等は程良く 「機能」するのですが、「中級以降」ともなると 最早、その程度の「出力」「実践」で...

「入力と出力」のバランスが成長を決める(世が世なら道も命懸け)3

「発表会」「展示会」「練習会」とは「実践」「出力」 の形としては、非常に「現代的」な形です。もちろん 古くには無かった訳ではありませんが、ある意味 「平和な現代」の「文化的」な「象徴」の一つでも あります。でも、その...

「入力と出力」のバランスが成長を決める(発表会、練習会でモチベーションを上げる)2

《「人の成長」に不可欠な「学び」と「実践」とは、 「入力」と「出力」の関係と同じです。》 「乾いたスポンジ」は、あらゆる事を「学び」それは 沢山の「水」を「蓄えよう」とします。「スポンジ」 で「吸収」「蓄える」ことの出来...
タイトルとURLをコピーしました