法則

法則

全ては過去の経験の「おかげの法則」(全ては無理矢理でも「活かされるべき」となる)3

《過去の経験の「おかげ」の法則》を全手に、過去の 「経験」を「どう活かすか?」と考えたとき、過去の 「経験」を「分類分け」して「10以内」であれば、 少なからず、ある程度の「活かし方」は「イメージ可能」 になる訳ですが、時折「飽き性...
法則

全ては過去の経験の「おかげの法則」(「人生には無駄が無い」てことは?無理矢理でも)2

《過去の経験の「おかげ」の法則》とは、皆さん それぞれにある「過去の経験」を「活かす手段」や 「仕事」とは「何か?」を予め「予測」する事に より、先に起きる「現象」を「最大限」にして しまう事を「目的」とします。「最大限の現象」を ...
法則

全ては過去の経験の「おかげの法則」(実は過去の経験の全てを活かさないといけない)1

《過去の経験の「おかげ」の法則》 《「人間「継続力」が全て」言い換えれば「続けるだけで」 何者かに成れる。》 何者に成れるか?とは、過去の「経験」からくる「学び」 を「全て活かせるか?」に掛かって来ます。これ、 《実は「全てを活か...
「陰」「陽」

根本にして完璧「陰陽理論」の法則(相手が陰なら陽になれ、相手が陽なら陰になれ!)4

「太極哲学」における「陰陽論」とは「根本」にして 「根源」、「絶対法則」と言えますから、我々がこの 「世の中」で「生きて」「活動」していくには必ず この「縛り」を受ける事になる訳で「逃れようがない」 物事だと言えます。「女が陰」で「...
「陰」「陽」

根本にして完璧「陰陽理論」の法則(陰陽両極の獲得と和合が「氣塾の目的」)3

《「この世」においては、全ては「陰陽」であり、 その「両極」を持ち合わせなければ、何一つ「結果」 は引き出せられません。》 私が「氣塾」を作った「目的性」は、まさにそこに 有ります。「いかに、結果を引き出すのか?」です。 《つまり「氣...
「陰」「陽」

根本にして完璧「陰陽理論」の法則(人は普通は陰陽どちらかになる、和合の方法)2

《この「世の中」は全て「太極理論」により説明され、 「太極」により「支配」されている世界なのです。》 例えば「氣塾」に来られる「生徒さん達」の目指す所 とは、どこにあるのか?と聞かれますと、 《「氣力」を持つ事によって得られる、「身体...
「陰」「陽」

根本にして完璧「陰陽理論」の法則(真逆もまた真なりで両極揃ってまともになる世界)1

《真逆もまた真なり》最近の私の「ブログ」に書いて いる「テーマ」は、これで一貫しています。 一つの事を「極めよう」と道を進んでいても、やがて 「壁」にぶつかるのが、この「世の中」ですが、その 場合、自己の突き進む「信念」と「真逆の信...
法則

人の「知識と行ない」に関する法則(もちろん氣塾は「知行合一」を支持します!)8

「12世紀」の「朱子学」の「先知後行説」と「16世紀」 「陽明学」の「知行合一説」。中国では未だ「論争」は 続いており、どちらが「正しいか?」の決着は付いて いません。それは当然の事です。「先知後行」は 「先に知らないと、何も行えな...
法則

人の「知識と行ない」に関する法則(知即行こそが真の知、本当の知は行ないと同時)7

「王 陽明」の「陽明学」が生まれたのは、「朱熹」 の「朱子学」が生まれた「12世紀」から四百年の時を 得た後です。「南宋」が「元」により滅ぼされ、その 「元」を倒して「明」となった時代の後期にあたる、 「16世紀の中国」になります。...
法則

人の「知識と行ない」に関する法則(朱子学の「先知後行」は「言うは易し行うは難し」)6

《「知と行ない」「知識と実践」》を「テーマ」に した時、「釈迦尊」以降の流れの「大きな一つ」と して、「12世紀」の「近代中国」ですから「南宋の 時代」、「儒学」における「実践道徳」の思想として 《「朱熹」により作られた「朱子学」が...
タイトルとURLをコピーしました