全ては過去の経験の「おかげの法則」(実は過去の経験の全てを活かさないといけない)1

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《過去の経験の「おかげ」の法則》

《「人間「継続力」が全て」言い換えれば「続けるだけで」
何者かに成れる。》

何者に成れるか?とは、過去の「経験」からくる「学び」

を「全て活かせるか?」に掛かって来ます。これ、

《実は「全てを活かす」事を考えなければいけません。》

例えば仕事においては「星の数」程ある「仕事」の中から、

自分の「過去」を「全て活かせるもの」を「選択」すれば

「上手くいく」ように出来ているのです。過去の「経験」

が「10」有れば、その「10」が「活かせる仕事」という

ことです。その内のいくつかを「取りこぼす」と、その

現象は「大きく」はなりません。難しいことかもしれま

せんがそういうものなのです。これは「この世の法則」

なのですから、仕方がありません。

例えば、長らく何かを続けていると「沢山の困難」に

出くわす事になりますが、よく有る話に「困難の時に、

過去の○○の経験が役に立った!」と言います。

あらゆる「困難」でさえ、前もって「あの世」で自分が

設定したのですから、「困難」とは「過去の経験」を

「活かさないと」上手く「乗り切れない」ように

そもそも出来ているのです。そうと知るのであれば、

例によって《「智者」は「逆算」して「考えよ」!》と

いうことです。そうすれば分かるのは、

《上手くいく場合、全てが「過去の経験」の「おかげ」
で「上手くいく」となるのです。》

例えば「私」であれば、若い頃からの「アパレル」での

「物販」の「接客の経験」があり、「音楽専門誌」での

「ライター」の経験があり、独立してからの「経営者」

の経験、そして「師匠」と出会ってからの「古式マスター

ヨーガ」と「武当派太極内丹法」の「修行」の経験が

有ります。これらを経験してからの「氣塾」の「立ち上げ」

と成りましたが、どうでしょう?

私のことをあまり「知らない」方からすれば、今の私は

とても「器用」に「要領良く」映ると思います。でも、

実際は「自分の良く知る事」「自分の非常に得意な事」

「自分に、そのセンスがある事」過去の「経験」はそれら

が「世間」にどれだけ「通用するか?」への「挑戦」で

あって、「最終的」には、それら全てを「活かせる」

「統合した能力」を必要とする「氣塾」を運営している

訳です。よって「無理やり」でも「過去の全て」が

「活かされて」います。ちなみに私は過去に、ある必要

と事情が有って「飲食店」を経営した事がありますが、

そもそもは「不得意」な「ジャンル」でもありますから、

「黒字」にする迄に「一年間」を要してしまいました。

これ「黒字」と言っても「一年間」も要しているなんて

「プロ」では「あり得ない」事ですので、二度としない

と思います。やはり「得意」で「思い込み」が無ければ、

やるものじゃあありませんよね?

時間の無駄使いになってしまいます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました