感覚

感覚

再解説、人が身に付けられる「感覚面」の差(感覚増幅)3

《感覚増幅》 あらゆる「技術」を「身に付けていく」に当たって、 「正確な動作」を「無意識」のうちに繰り出せる、 「反復練習」による「身体面」と「その道」にとって、 大事な「本質」に触れて「自覚」と「自信」を養う ...
感覚

再解説、人が身に付けられる「感覚面」の差(間をつなぐ力)2

《間をつなぐ力》 あらゆる「技術」を身に付けるには、その為に「研究」 された「カリキュラム」や「メソッド」等の「教授法」 に沿って「学び」「体得」していきます。ある程度の 修行を重ねれば、その「道」それぞれの「変化...
感覚

再解説、人が身に付けられる「感覚面」の差(メソッド)1

《人が身に付けられる「感覚面」の差》 《メソッド》 今回の「テーマ」も前回の「テーマ」から繋がっています。 あらゆる「修行」によって得れる「技術」とは、実際の 「仕事」や「生きる」日常に「役立って、なんぼ?」です。...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(家族と従業員への愛が勘の元になる)7

《家族と従業員への愛が勘の元になる》 ならば、その様な「感覚」「センス」はどの様にして 「育つ」ものなのか?、それを「器」と言ってしまえば、 「一言」で終わってしまうのですが、「決めて」となる のは、それ相応の「プ...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(異常をスキャニングして察知する)6

《異常をスキャニングして察知する》 「世の中」の「経営者」「リーダー」というものは過度 に「直感」や「感覚」を使って「仕事」をしています。 それは「普通の人達」が想像するよりも、もっと広い要 素において使用している...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(陰陽両極で閃きを得る)5

《陰陽両極で閃きを得る》 「困難の中」にいる時「どの様にして感覚を使うか?」 ここからは「印僑」に伝わる「経営哲学」である「ジ ュガール」の「教え」を解説いたします。 「経営者」「責任者」は、その「資質」において万...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(売り上げを作る為の様々な手段)4

《売り上げを作る為の様々な手段》 私は、これまで「ファッションビル」「百貨店」駅の 「商業施設」等、様々な現場で「生きた商い」とそれ を取り巻く様々な「企業」の「浮き沈み」に接して来 ました。「ビジネスの最前線」と...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(経営者の勘は生き残りの腕)3

《経営者の勘は生き残りの腕》 「ビジネス」でも「世渡り」でも「感覚」は非常に重 要です。これは一つの「センス」ではあります。私は、 この「感覚」を使うことによりこれまでの、あらゆる 「困難」を「切り抜けて」来ました...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(理屈が2割で、直感が8割)2

《理屈が2割で、直感が8割》 私は「氣塾」において、物事を判断して選択を決める時 《「理屈」二割、「直感」八割で物事を決めています。》 「理屈の二割」は「シミュレーション」です。現在の条 件、状況を元に「起こり得る...
感覚

再解説「感覚」を正しく身に付ける(魂の近さと遠さ)1

《「感覚」を正しく身に付ける》 《魂の近さと遠さ》 誰にも「心残り」というものが有ります。前回の 「テーマ」は、弟子との「レッスン」の際に出てきた 「お題」を元に書いたのですが、私の場合 《「過去」の物事は全...
タイトルとURLをコピーしました