感覚

感覚

「感覚」を正しく身に付ける(家族と従業員への愛が勘の元になる)7

ならば、その様な「感覚」「センス」はどの様にして 「育つ」ものなのか?、それを「器」と言ってしまえば、 「一言」で終わってしまうのですが、「決めて」となる のは、それ相応の「プレッシャー」となります。 「経営者」や「...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(異常をスキャニングして察知する)6

「世の中」の「経営者」「リーダー」というものは、 過度に「直感」や「感覚」を使って「仕事」をして います。それは「普通の人達」が想像するよりも、 もっと広い「要素」において「使用」しているもの なのです。日々の「営業...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(陰陽両極で閃きを得る)5

「困難の中」にいる時「どの様にして感覚を使うか?」 ここからは「印僑」に伝わる「経営哲学」である 「ジュガール」の「教え」を解説いたします。 「経営者」「責任者」は、その「資質」において、 万物の「本質」でもある「陰...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(売り上げを作る為の様々な手段)4

私は、これまで「ファッションビル」「百貨店」 駅の「商業施設」等、様々な現場で「生きた商い」 と、それを取り巻く様々な「企業」の「浮き沈み」に 接して来ました。「ビジネス」の「最前線」とは、 まさに、それらの「会社」...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(経営者の勘は生き残りの腕)3

「ビジネス」でも「世渡り」でも、「感覚」は 非常に重要です。これは一つの「センス」では あります。私は、この「感覚」を使うことにより これまでの、あらゆる「困難」を「切り抜けて」 来ました。例えば、現代は「物が売り難...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(理屈が2割で直感が8割)2

私は「氣塾」において、物事を「判断」して「選択」 を決める時《「理屈」二割、「直感」八割で物事を 決めています。》 「理屈の二割」は「シミュレーション」です。現在 の「条件」「状況」を元に「起こり得る先の出来事」 ...
感覚

「感覚」を正しく身に付ける(魂の近さと遠さ)1

誰にも「心残り」というものが有ります。前回の 「テーマ」は、弟子との「レッスン」の際に 出てきた「お題」を元に書いたのですが、私の 場合、《「過去」の物事は全て「検証」した上で、 全てに「句読点」を打ち、「思い出」と...
感覚

人が身に付けられる「感覚面」の差(野生的なものを失ってないか?)10

現在、あなたの「感覚面」が「鈍い」からといって、 「焦る」必要はありません。「人」には「気力」が先行 するタイプの人と、「感覚」が先行するタイプの人が いて、もちろん、最終的には「どちらも」必要になるのです から、ど...
感覚

人が身に付けられる「感覚面」の差(全ては平凡な中にある)9

《全ては「プレッシャー」の元に「成し得る」ことが 出来るのです。》 やはり「感覚」で「捉えれるか?捉えれないか?」は、 その物事を知る「きっかけ」になる「現象」に、 「間合い良く」出会えるか?出会えないか?の問題に ...
感覚

人が身に付けられる「感覚面」の差(内観も往路と復路)8

「感覚の欠如」に対しては、徹底した「内観」が必要に なります。「内観」とは「自分の精神内面」の「変化」を 正確に「追跡」することです。更には《「修行」の進行の 「段階」に応じた「感覚」を受け取る。》これがまず 「第一...
タイトルとURLをコピーしました