Q&A

理想論ではなく現実論としての「愛」とは(インド哲学での愛とは捧げる心)4

「古式マスターヨーガ」の「ウパニシャッド哲学」 による「愛」とは「捧げる心」です。それは、 《何の「躊躇も無く」「警戒も無く」自分を「開き」 相手に全てを「捧げだす」ことを意味しています。》 「捧げだす」ことが出来る、と...
Q&A

理想論ではなく現実論としての「愛」とは(自分と同等、自分同様に大切にする心)3

《「愛」とは「知る」ことから始まり、「知って」 「かまって」「世話をして」「命令すること」へと 「段階的」に転じていく。》 そして、それは 《「自分」があらゆる「生き物」の中でも「一番 大切」である、という「事実」を「前提...
Q&A

理想論ではなく現実論としての「愛」とは(知って、かまって、世話をして、命令する事)2

決して大層な事ではありません。 《「愛」とは「知ること」から始まる》と言われます。 それは「関心」を持つことです。想い出してください。 「学生」だった若い頃、「気になる異性」が現れて、 「あなた」も強烈な「関心」を持...
Q&A

理想論ではなく現実論としての「愛」とは(愛は知ることから始まる)1

また、貯まった「ご質問」にお答えしましょう。 《ご質問します。私の家族は今、非常に複雑な状況 にあります。父母含めそれぞれに問題を抱えていて、 私や私の妹さえ、また別の問題を抱えています。 私は立ち位置的に、今、私以外の家族にあ...
タイトルとURLをコピーしました