死生観

死生観

あの世、この世観「六師外道」まとめ(カルマは個人間の「貸し借り」と解釈すれば良し)2

私の考えた 《「業=カルマ」の「魂間」での「貸し借り」論。》 は「仏教」「アージーヴィカ教」「ジャイナ教」の 説く「真理」を更に「折衷案的」に「整合性」を持た せる中で出てきたものです。逆に言えば「整合性」を 持たせようとする...
死生観

あの世、この世観「六師外道」まとめ(各宗教の垣根を超えれば更なる真理に至る)1

さて、今回は「六師外道」の「思想」に対しての 「まとめ」となります。 私は「ラニー師」に付いて学ぶ中で「法を知る」という スタンスから「仏教」を勉強しました。もちろん専門家 諸氏には程遠いものではありますが「法」として、その ...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(ヴァガバット・ギータ、死ぬ時の事)6

「死への悟り」の存在に関しては、まだまだ 「検証」の必要があります。それは「行者」で あれば当然異なり、各国の「信仰」によっても 「死生観」はあまりにも異なり、あくまで「普通の 人達」に訪れるのか?となると、疑問を呈...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(死に習え)5

《「死を受け入れ」「理解」したとき、その者には 「あの世の存在」をある意味「納得」させて、 「確信」に至らせる「死への悟り」が「存在」する 可能性が「大きい」。》 「死の恐怖」を司るのは、人の「魂」の「中核」に ある「生存...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(あの世は思いの外、近くにある)4

私は、私の父そして「末期医療現」で働く「看護師」 の方々、「お迎え現象」を証言された「奥野 教授」、 更には数々の「霊媒能力者」との「お話し」での 中で、一つの「仮説」として、 《その人が「もう、この体が使えない」「...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(この身体を脱げば楽になれる)3

「末期がん患者」を看取る「緩和ケア」の現場では 度々「お迎え現象」と言う「あの世」からの「お迎え) があります。私の父親もそうでしたが、現代の「医療 現場」においては「末期の死の予測」は「時間単位」 になっています。...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(お迎え現象の持つ可能性)2

「お迎え現象」という言葉は、私も以前から知って いました。というのも「氣塾」の「生徒さん」に 「末期がん患者」の「緩和ケア」の現場で働く 「看護師」の方がおられるからです。 《「お迎え現象」というのは、その「患者さん...
死生観

人の死の間際「死への悟り」の存在について(お迎え現象の存在)1

「世間」では「お盆」も終わり、「氣塾」の本部の ある京都「北白川」では、「五山送り火」いわゆる 「大文字焼き」も今年は雨に降られる事もなく無事 行なわれ、「ご先祖様」も「天国」に帰られ、秋に 向かって、季節も変わろう...
死生観

「死生観/今回の人生、このままで良いのか?」(挑戦的な選択)10

私が「師」として「弟子」達に伝えたいことは、 仮に「修行」の中で「過去生」を見れなくて「輪廻転生」 が腑に落ちなかったとしても、全ての「理」は「両極」に 存在するのだから、それが「西洋的」な「死生観」で あったとして...
死生観

「死生観/今回の人生、このままで良いのか?」(次があっても一度きり)9

「東洋」の「輪廻転生」以外の「死生観」を見ていきます。 「キリスト教」以外の「死生観」の一つ「イスラーム教」 の場合、人の死後の行方は「生前」の「神」との関わり方 如何によって分かれます。死の際に「魂」が一度「離れて」 ...
タイトルとURLをコピーしました