「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」痛みの話(痛みの気的な扱い方)5

さて、ここまで「痛み」という事に対する 「基礎知識」を元にして、いよいよここからが 「ミソ」になります。 《「古式マスターヨーガ」には「手」から「氣」を 「束ねて」出す「練気波」により、「滞った患部」 の「氣」を「押し...

「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」痛みの話(様々な痛みの種類)4

我々は「痛み」によって「肉体」に生じる「異常」 「病変」を「感知」します。それにより「かばう」 「治す」ことの必要性を知りますから、生きていく 為には重要な働きではあります。 《「痛み」には「急性」なものと「慢性」に...

「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」痛みの話(氣の滞りが全ての原因)3

「肉体」に「怪我」や「病気」が「発生」すると それを「治す」為に「患部」に「氣」が集まります。 我々の様な「行者」と異なり、「普通の大人の人達」 は「気脈」が「詰まりがち」ですから、どうしても 普段から「氣の流れ」は...

「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」痛みの話(治すには新鮮な氣を絶えず供給する)2

《「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」》 通常、「健康」な状態の我々は、特別に「肉体」 の「一部分」を「意識」している事は無いので、 「無感」です。ところが「病気」や「怪我」を すると「患部」を治そうとして「氣」が...

「無感=ウーガン」と「有感=ヨウガン」痛みの話(異常や病変を知らせて、守る為にある)1

「中国」の「中医学」、我々の「内丹法」には 「無感=むかん=ウーガン」という「言葉」が あります。これは一つ「良いこと」でもあります。 《特別に何も「感じない」「意識しない」という 「意味」を持ちます。》 何故...

「統合失調症」「鬱」元の自分を取り戻すまで(ほぼ治ってもトラウマが残る)6

「統合失調症」「鬱」「パニック障害」そして 「自律神経失調症」、これらに陥った人達が、 「精神力」と「体力」が元どおりに「回復」して 行く中で「最後の壁」として立ちはだかるのが、 《いかにして「社会復帰」するのか?と...

「統合失調症」「鬱」元の自分を取り戻すまで(一歩進んで二歩下がり、三歩進む)5

「氣塾」には、大勢の「統合失調症」「鬱」 「パニック障害」「自律神経失調症」の方々が 参加されておられます。その方々が「普通の人並み」 に「自信」を取り戻すのは、まさに「一進一退」の 「攻防戦」の様相を見せます。 ...

「統合失調症」「鬱」元の自分を取り戻すまで(少ない他との接触からのリハビリ)4

《「凍り付いた心」を、どうして「溶かして」いく のか?》 その「第一」は、「一瞬」でも「一人」でも良いから その人の「心の中に隙」を作らせ、少しでも「固定化」 した「表情」と「心」を「溶かす、隙間」を作る作業 ...

「統合失調症」「鬱」元の自分を取り戻すまで(隙=すきとリラックスで溶かす)3

《「凍り付いた心」を、どうして「溶かして」いく のか?》 その「第一」は「リラックス」と「隙」です。 考えてみてください、「クスクス」とか「わははは」 と「笑っている時」とは、何の「防御」も出来ません、 私から...

「統合失調症」「鬱」元の自分を取り戻すまで(人見知り と 人たらし)2

「統合失調症」「鬱」「パニック障害」等に陥ると 《他の人達との「接触」を極端に「避ける」ように なります。》 それは、その人の「心」が「凍り付いて」しまう 事が「きっかけ」となり進行しますが、それは 「自分一人...
タイトルとURLをコピーしました