ヨーガ

ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(三花彩華とは三角三極の力)6

《「三花彩華」というものは「ユジュによる勘と 感覚」「ギャーナによる智慧」そして「実践による 体現」、これら「三角三極の力」がもたらす 「完成と安定」です。》 普通人は、それらの内「先天的」にも「一極」を 持っていれば、必ず「何...
ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(超感覚面と現実的哲学と実践の世界)5

《「ユジュ」は「技術的」な「コツの世界」であると 同時に「超感覚的」なものを「知覚認識」する事に 重きがおかれます。》 《それは「自分一人」の「認識」から始まり「他の人」 「複数の他の人達」そしてその「複数の他の人達」が 作る「空間」の「...
ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(第三段階は他の複数の人との融合)4

《「ユジュ」の「第一段階」は自らの「精神、肉体、魂」 を「繋げて」「リンク」させる事により「より良い状態」 を自らの「技術」でもって維持する「実践」です。》 もちろん誰氏にも「調子の良し悪し」があり、それは 「バイオリズム」の様に、時と...
ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(ユジュのコツは大工仕事に似ている)3

《「ユジュ」の「技術」は「呼吸法」だけでは ありません。「肉体全体」を使用して行なう「技術」 だと言えます。》 「古式マスターヨーガ」「武当派太極内丹法」に おいては、あらゆる「操る物事」全てが「技術」です。 それは「肉体的な体術」...
ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(その第二段階は他の人との融合)2

《「ユジュ」の「技術」は、あらゆるものを「繋ぐ」 「技術」であり、繋いで「調和」をとる「同一視観」 「ウパース」の「技術」そのものでもあります。》 その「第一段階」は自身の「精神、肉体、魂」を繋ぐ 事にありますが、これが「ある程度」に可...
ヨーガ

古式マスターヨーガには「ユジュ」という技術がある(ユジュとは繋ぎ、結び付ける事を意味する)1

「氣塾」において月末に行なう「知恵哲学講義」に おいては、毎回その最後に「誘導瞑想」というもの を行なっています。この月末に行なう「教室」では 普段の「遠隔レッスン」や「氣塾」では「時間的」に 教える事の難しい「高等技術」を学...
ヨーガ

「インド伝統医学」の「身体観」は「ヨーガ」により始まる(古式マスターヨーガの身体観)4

「古式マスターヨーガ」における「身体観」として、 《「身体」とは「この世」と「あの世」に「またがる」 つながりを持つ。》と説きます。まず「この世」の 「肉体」としての《粗大身》があり、その「肉体」の 中に「あの世」か...
ヨーガ

「インド伝統医学」の「身体観」は「ヨーガ」により始まる(ヨーガの身体観)3

「アーユルヴェーダ」は他の「世界三大伝統医学」、 「ギリシャ、アラビア」発端の「ユナニ医学」と 「中国医学」と共に「影響」し合って発展していき ますが、最終的な「体系化」には、「ウパニシャッド」 が大きな役割を果たす...
ヨーガ

「インド伝統医学」の「身体観」は「ヨーガ」により始まる(ヨーガの起源)2

「ヨーガ」の「起源」に関しては、未だ定かでは ありません。「紀元前2500~1800年」の 「インダス文明」に、その「起源」があるとする 説が「定説」になっていますが、「アーユルヴェーダ」 には「ドーシャ」を「安定」...
ヨーガ

「インド伝統医学」の「身体観」は「ヨーガ」により始まる1

今回は補足的「テーマ」となります。これまで、 「微細身瞑想」についての「解説」を「概念的」に 続けてきましたが、この「微細身」という、一つの 「身体観」は「インド伝統医学」と「ヨーガ」の持つ 「身体」に対する「基本概...
タイトルとURLをコピーしました