瞑想

瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(何故「お年寄り」が死ぬことを恐れないのか?)9

《「歳をとる」ということは「この世」から「フェード アウト」すると言うことです。》 《「この世」から「フェードアウト」するのですから、 「この世」から「離れて」同時に「あの世」に「近づく」 と言うことも示しています。》 つまり「歳をとる...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(ここで「老化」に付いて考えてみる)8

《「歳をとる」ということは、どういうことなので しょうか?》 誰しも歳をとりたくはないですし、誰しも老いたくは ありません。でも人は誰しもが「歳をとり、老います」 「老化現象」とは「加齢」に伴い、個々の「細胞」や 「臓器」に変化が起...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(この世からズレる恐怖感に打ち勝てるのか?)7

《「瞑想」における「技術」とは、如何に「健常」にあり ながらも、この「世の中」のあれこれから「ズレること」 が「可能」になるか?にあります。》 しかし、これらは「現実と常識」から「外れる」「ズレる」 恐怖から「打ち勝つ」「抵抗する」必要...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(サヴァンが持つ圧倒的な才能をどう説明する?)6

私は「20年以上」の月日を、この「瞑想行」というもの に費やしてきました。 《「瞑想」における「技術」とは、如何に「健常」にあり ながらも、この「世の中」のあれこれから「ズレること」 が「可能」になるか?にあります。》 《ただ単に「じ...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(「遮断」した先にある「ズラす」とは?)5

《あらゆる「世界」の「クリエイター」に必要な「氣」 を生み出す「呼吸法」を「文息」と言います。》 「文息」とは「腹式呼吸」です。「文息」の「文」とは 「文房の人」を意味します。「文房」とは「書斎」であり 「作業場」です。「文房の人」が...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(幼い頃の「無我夢中」こそが没頭の極み)4

《高度な「瞑想」における「技術」とは「遮断技術」 と「ズラす技術」により成り立っており、それらは 共に「過度の集中力」により作り出されます。》 この「遮断」とは、ありとあらゆる「周囲の変化する 視覚、聴覚、嗅覚、触覚等の刺激」から「自己...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(そもそもあの世では目も耳も鼻も口も無い)3

《「瞑想」の根本的な「命題」とは、如何に「この世 」 に居ながら、「あの世」と「この世」にまたがる 「世の諸法則」「理=ことわり」を「悟るか」という ことにあります。》 前項までの解説の通り、その為には「この世的」なもの に「反応」して...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(集中力を高めるには直ぐに反応するのを辞める)2

我々の「起きている時」の「覚醒意識」においては、 目の前に「動くモノ」が有れば、それを「追って」 しまいますし、何か変な「物音」がすれば、何か そこに「異常がないか」を確認してしまいます。 《つまり、そうして絶えず「対象を追い」「移...
瞑想

「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(我々はあの世では、目も耳も鼻も口も無い)1

さて、今回は「瞑想、禅」における「上級者向け」の 講義となります。よって、この内容に関する「質疑」 は「レッスン内」においてのみ、受けさせて頂きます。 「メール」等での「ご質問」には「お答え」いたし 兼ねますので、その点をご了承くだ...
瞑想

「誘導瞑想」とはどういうものなのか?(意識の上下を繰り返せば脱力、弛緩する)4

では「誘導瞑想」に対して具体的に解説していきま しょう。「ウパース」とは「相い念想する」という 意味ですが、この「ウパース」させる「秘訣」とは 「対面」でも「遠隔」であっても「コールアンド レスポンス」にあります。つまり「近距離」で...
タイトルとURLをコピーしました