再解説、続、本当に使える「瞑想」の正体(荒行、千日回峰行)3

瞑想
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《荒行、千日回峰行》

「瞑想」に入ることが可能な「意識レベル」とは、

「変性意識状態」にあります。「変性意識状態」の意識

とは広義には、《通常の覚醒時の「ベータ波意識」とは

異なる「一時的」な「意識状態」》を指します。

この「意識状態」に入る為に、時に人はあらゆる「苦行、

荒行」により「精神」や「肉体」を極限まで「追い込ま

れた状態」に持っていっていたのです。世には「三大荒

行」として「インドのヨギー」「日蓮宗大荒行」「天台

宗千日回峰行」が特に有名ですが、「千日回峰行」は延

べ7年に及ぶ、千日の「回峰行」により、ほぼ地球一周

に匹敵する「4万キロ」を歩きます。日々の睡眠時間は

「三時間余り」、少量の精進料理で日々の「行」を完遂

せねばならず、1日足りとも病気であっても、休むこと

は許されません。これに「失敗」した場合は「掟」によ

って死なねばならず、行者は「自害」の為の「死出紐」

と両刃の「短剣」を常時携行しています。最終行である

「堂入り」では行者は「前葬式」を行ない「断食、断水、

断眠」に入り、更に極限の状態に身を置くのです。

もちろん常人には無理です。

「死の覚悟」を含めた「精神力」と極限的な「体力」そ

して「忍耐力」が必要です。ここ迄、全てを追い詰める

ことによって、一切の「力身」と「雑念」を削ぎ、「無」

の境地を手に入れるのです。皆さんは、どのように思わ

れますか?

《死の崖の淵に咲く「悟りの花」は、淵に立たねば見え

ず、それは「美しい」ものなのでしょう。》

この「荒行」に比べれば「先達」たちの見いだした「瞑

想法」とは、必要な「条件」さえ整わせれば、非常に安

全で「ありがたい」ものなのです。また「瞑想、禅行」

の「行程や条件」が安直でないのも、至極当然のことで

すし、それ程に人の持つ「力身」や負の領域の「雑念」

とは、しつこいものなのです。

いかがでしょうか?これは考え方一つと言うことです。

時折、大事故や病気によって「死線を彷徨う経験」を

された方は、ある意味「あの世の入り口」を垣間見る事

により、あの世とこの世の正体を知り「覚醒」をする事

があります。荒業や苦行と言うものは、その淵に立つ事

により、自我が滅される程の極限に入り、その先にある

ものを知る事を可能にするのです。とても強靭な覚悟が

必要な訳です。それは「F1ドライバー」が極限のスピ

ードの先に「特定のゾーン」を観て体験するのと同じ事

だと言えます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました