性格

性格

「気の弱い方」を強くする秘密(気の弱い事のメリットとデメリットを知り活かす)6

さて「氣塾」において「気の弱い人」は「呼吸法」と「行」   による「気力の移植」によって、徐々に「内面」からじわ   じわと「変化」をする事になるのですが、そこで大切に   なってくるのが、   《「気の弱い人」が最も「苦手」のする、現実...
性格

「気の弱い方」を強くする秘密(氣の強化により、思いが出て心が動く)5

《「気の弱い人」とは「我が希薄」です。我が希薄な故に 「思い」が「出難い人」だとも言えます。「氣塾」では 「氣」を強化する事により「思いを出す」「心を動かす」 事から始めて頂くのです。》   「思いが出て」「心が動く」という事は「自我が発...
性格

「気の弱い方」を強くする秘密(「正しい自我の持ち方」と「自分の為の欲」)4

《元々「気の弱い人」の場合、単純に「気力を強くする」 だけでは駄目で、「正しい自我の持ち方」や「より良い 自分の為の欲の持ち方」というものを「マスター」して 頂きながら、進んでいくことが大切になります。》   「正しい自我の持ち方」や「...
性格

「気の弱い方」を強くする秘密(「気の弱い人」に「流されない」人生を)3

《この「世の中」とは「良いもの」があり「悪いもの」も 同時に「存在」できる「善悪混合」の「世の中」です。》   ですから「商売の上手な人」が「商売の下手な人」から   「搾取」する事もよく有る訳ですし、その観点から見れば、   《「気の弱...
性格

「気の弱い方」を強くする秘密(「気の弱い人」と「真面目な人」の個性は違う)2

《「氣塾」の「私の目線」から見ていますと「気の弱い人」の 「個性」と「真面目な人」の「個性」は全く「違います」。》   これ、普通の人達から見れば「見分けが付きにくい」のかも   知れませんが、全く違うのです。   《「気の弱い人」は「自...
性格

「気の弱い方」を強くする秘密(咄嗟の判断、返事が出来ない、遅すぎる)1

《「気の弱い方」は「ヨーガと気功」の「呼吸法技術」で 「気の強い私」に「変わる」ことが出来ます。》   春が近づき「氣塾」にまた「新しい参加者」の皆さんが   来られています。もちろんその「目的」は様々なのですが、   やはり、一番多いの...
性格

「真面目と不真面目」時代的にどちらが有利?(時代レベルの転換期に、変われないのは不利)3

人は未だ「若い時」その「本質的性格」が「真面目」だろう   が「不真面目」だろうが、基本的には「経験不足」なのです   から、どちらにせよ「自信がある」訳もありませんし、恐れ   や不安を元にして「行動」が選択される事には差して変わり  ...
性格

「真面目と不真面目」時代的にどちらが有利?(真面目な人は真面目を維持、持続させようとする)2

元々「不真面目な人」や「いい加減な人」にしても「社会」   においては「何かを続けないと」それなりの人間には成れ   ない訳で、基本的な「労働力」と「時間」しか「提供」出来   ない人でも、半ば強制的にある程度は「真面目に働く」事を  ...
性格

「真面目と不真面目」時代的にどちらが有利?(不真面目は社会に揉まれて矯正される)1

「社会」において、人の本来の「性格」を最も大雑把に分別   すると「真面目と不真面目」に分かれます。これらの「性格」   は「学生の頃」から表面化します。誰もが若い時は未だ「世間   知らず」で「経験不足」ですから、将来先行きに対しても ...
性格

実は「努力する、頑張る」だけでも駄目(人工的なリラックスの為のクイック瞑想法)6

人は「努力を散々重ねていたり」「真面目に苦しんでいたり」   している時には「良い発想、アイディア」は浮かんで来ない   様に出来ています。そして、それを「やり尽くして」疲れて   「ふと、気が抜けた時」「緩んだ時」にこそ、ようやくそれ ...
タイトルとURLをコピーしました