療法

療法

氣塾の「癌」に対する考え方(死を観ずることは、生を観ずること)6

《「癌患者さん」に対して「氣塾」が行なう事は、「気力」による「体力、精神力」の「下支え」だけではありません》誰もが「医師」から「がんを宣告」されれば、その時点から「死」というものを「意識」して「考える」事になります。《それは「がん」に対し...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(放っておいても消えてしまう「癌」は一定数存在する)5

ここまで読んで頂いてご理解頂いた通り、私の「考え」においては、《「西洋医学」「民間療法」共に「絶対、万能」ではなく、あくまで「きっかけ」であり、治すのはあくまでその方の生きる力である「自然治癒力」です。そしてその「療法」の「効果、効能」を...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(全ては自主性、運と縁を求めて全てを自分で判断、選択すべき)4

実際に、最も最近、3月に来られた「癌患者」の方は、「69歳、男性」で「ステージ4」です。私のよく知る「占い師」の方の紹介で「ヨーガ、氣」に興味があって来られました。「霊媒体質」を持ち「特殊なセンス」の持ち主で、元々は「他の人の余生、生き死...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(全ては治癒力、プラシーボ効果を何で引き出すか?)3

《「プラシーボ効果」とは「本当は薬ではない成分」の「偽薬」を投与したにも関わらず、症状が回復したり、和らいだりする「現象」を指し「偽薬効果」とも呼ばれます。これは、その人が「信用」する誰かが「効く」と与えられたものだから「効かない訳がない...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(民間療法で良くなる確率とは?)2

では、次に「何故、民間療法なのか?」に付いて話しを進めていきます。これまでの基本的な流れにおいて、《仮に「癌」を患った患者さんが「200人」居たとして、何も疑わず「西洋医学」を頼る人が概ね「130人」。「民間療法」に行く人が「70人」、そ...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(そしてボーガナタルの正体とは?)6

「ヨーガ行者」であり、優れた「シッダー」であった 《ボーガナタル》は「師」である「カランギ・ナタル」 の命を受けて「中国」に渡ります。「史記」によると 「紀元前6世紀」頃とされます。既に「肉体の変容」を 完了した彼は...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは聖者アガスティアを生んだ)5

「南インド」の「タミル地方」には、今も数々の 「シッダ医学」の「使い手」、「シッダー」達の 「伝説」が残されています。それは「医学」で あっても「信仰」であり「秘術」である事の「証」と 言えます。彼らは「明確」に「た...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは完璧な身体を目指す)4

「シッダ医学」の「目的」とは、 《「完全」なる「身体」を作ることにあります。》 「身体」の「強化」と「死」を避ける為に「薬物、 鉱物、金属、毒物」の研究が進められました。 「シッダ医学」とは「科学」と「錬金術」更に ...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは水銀を無毒化させる)3

中国「道家」に伝わる「錬丹術」、その一つである 「外丹術」は「道士の術」であり、「不老不死」に なり「仙人」に成れる「霊薬」を作る「技法」です。 その「外丹術」に、数々の「共通点」が見あたる、 「12000年前」に端...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは初めて不老不死を目指した)2

「シッダ医学」とは「医学、自然科学、哲学」そして 「自然信仰」の全てを「内包」していた、「アーユル ヴェーダ」の更に「元」となる「医学」ですから、 もちろん「単純」な意味での「医学」ではありません。 「約12000年...
タイトルとURLをコピーしました