療法

療法

整体、リラクゼーション、抗疲労産業の正体(足ツボではなく実は足面、足裏にツボ無し)3

《足ツボではなく実は足面》 「足裏マッサージ」や「手のひらマッサージ」は、 「足裏」や「手のひら」にある、「身体」の「各器官」 「部位」につながる「反射区」を「刺激」する事によって 「反射区」に対応する「各器官」の...
療法

整体、リラクゼーション、抗疲労産業の正体(実はマッサージは黒、おフランス産)2

《「マッサージ」の起源》《「グローバル化」する「癒やし産業」の「世界」》 「抗疲労、癒やし」の「産業」は「多岐」に渡りますが、 その中において、中心に当たるのは、やはり「直接」に 「疲労」を癒してくれる「施術法」になりま...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(死を観ずることは、生を観ずること)6

《「癌患者さん」に対して「氣塾」が行なう事は、「気力」による「体力、精神力」の「下支え」だけではありません》誰もが「医師」から「がんを宣告」されれば、その時点から「死」というものを「意識」して「考える」事になります。《それは「がん」に対し...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(放っておいても消えてしまう「癌」は一定数存在する)5

ここまで読んで頂いてご理解頂いた通り、私の「考え」においては、《「西洋医学」「民間療法」共に「絶対、万能」ではなく、あくまで「きっかけ」であり、治すのはあくまでその方の生きる力である「自然治癒力」です。そしてその「療法」の「効果、効能」を...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(全ては自主性、運と縁を求めて全てを自分で判断、選択すべき)4

実際に、最も最近、3月に来られた「癌患者」の方は、「69歳、男性」で「ステージ4」です。私のよく知る「占い師」の方の紹介で「ヨーガ、氣」に興味があって来られました。「霊媒体質」を持ち「特殊なセンス」の持ち主で、元々は「他の人の余生、生き死...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(全ては治癒力、プラシーボ効果を何で引き出すか?)3

《「プラシーボ効果」とは「本当は薬ではない成分」の「偽薬」を投与したにも関わらず、症状が回復したり、和らいだりする「現象」を指し「偽薬効果」とも呼ばれます。これは、その人が「信用」する誰かが「効く」と与えられたものだから「効かない訳がない...
療法

氣塾の「癌」に対する考え方(民間療法で良くなる確率とは?)2

では、次に「何故、民間療法なのか?」に付いて話しを進めていきます。これまでの基本的な流れにおいて、《仮に「癌」を患った患者さんが「200人」居たとして、何も疑わず「西洋医学」を頼る人が概ね「130人」。「民間療法」に行く人が「70人」、そ...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(そしてボーガナタルの正体とは?)6

「ヨーガ行者」であり、優れた「シッダー」であった 《ボーガナタル》は「師」である「カランギ・ナタル」 の命を受けて「中国」に渡ります。「史記」によると 「紀元前6世紀」頃とされます。既に「肉体の変容」を 完了した彼は...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは聖者アガスティアを生んだ)5

「南インド」の「タミル地方」には、今も数々の 「シッダ医学」の「使い手」、「シッダー」達の 「伝説」が残されています。それは「医学」で あっても「信仰」であり「秘術」である事の「証」と 言えます。彼らは「明確」に「た...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは完璧な身体を目指す)4

「シッダ医学」の「目的」とは、 《「完全」なる「身体」を作ることにあります。》 「身体」の「強化」と「死」を避ける為に「薬物、 鉱物、金属、毒物」の研究が進められました。 「シッダ医学」とは「科学」と「錬金術」更に ...
タイトルとURLをコピーしました