療法

療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(そしてボーガナタルの正体とは?)6

「ヨーガ行者」であり、優れた「シッダー」であった 《ボーガナタル》は「師」である「カランギ・ナタル」 の命を受けて「中国」に渡ります。「史記」によると 「紀元前6世紀」頃とされます。既に「肉体の変容」を 完了した彼は...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは聖者アガスティアを生んだ)5

「南インド」の「タミル地方」には、今も数々の 「シッダ医学」の「使い手」、「シッダー」達の 「伝説」が残されています。それは「医学」で あっても「信仰」であり「秘術」である事の「証」と 言えます。彼らは「明確」に「た...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは完璧な身体を目指す)4

「シッダ医学」の「目的」とは、 《「完全」なる「身体」を作ることにあります。》 「身体」の「強化」と「死」を避ける為に「薬物、 鉱物、金属、毒物」の研究が進められました。 「シッダ医学」とは「科学」と「錬金術」更に ...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは水銀を無毒化させる)3

中国「道家」に伝わる「錬丹術」、その一つである 「外丹術」は「道士の術」であり、「不老不死」に なり「仙人」に成れる「霊薬」を作る「技法」です。 その「外丹術」に、数々の「共通点」が見あたる、 「12000年前」に端...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは初めて不老不死を目指した)2

「シッダ医学」とは「医学、自然科学、哲学」そして 「自然信仰」の全てを「内包」していた、「アーユル ヴェーダ」の更に「元」となる「医学」ですから、 もちろん「単純」な意味での「医学」ではありません。 「約12000年...
療法

謎多き、驚異の伝統医学「シッダ医学」(それは12000年前からあった)1

今回の「テーマ」は「インド伝統医学」の中で少し 名前が出てきました、未だ謎の多い「伝統医学」の一つ 「シッダ医学」です。良い機会ですので「解説」いたし ましょう。先ず、何故「謎」が多いのか?と言えば、 その「起源」が...
療法

「グローバル化」する「抗疲労、癒やし産業」の世界(謎の多い整体のルーツ)5

現在、日本おいて最も親しまれている「整体」も、 今日に至るまでは、非常に「複雑」な経路を歩んで 来ています。現在の俗に使われている「意味」と しては《「脊椎」「骨盤」「肩甲骨」「四肢」》等 身体の「骨格、関節」の「歪...
療法

「グローバル化」する「抗疲労、癒やし産業」の世界(中医学の未病の考え)4

「東洋医学」の「中医学」には「未病=みびょう」と 言う「病理概念」「考え方」があります。「西洋医学」 の「血液検査」「尿検査」等の「各種検査」には、 「数値的」には「表れない」けれども、「病気」に 向かいつつある「状...
療法

「グローバル化」する「抗疲労、癒やし産業」の世界(足ツボじゃなく足面)3

「足裏マッサージ」や「手のひらマッサージ」は、 「足裏」や「手のひら」にある、「身体」の「各器官」 「部位」につながる「反射区」を「刺激」する事によって 「反射区」に対応する「各器官」の働きを「高める」事を 目的とし...
療法

「グローバル化」する「抗疲労、癒やし産業」の世界(マッサージの起源)2

《「グローバル化」する「癒やし産業」の「世界」》 「抗疲労、癒やし」の「産業」は「多岐」に渡りますが、 その中において、中心に当たるのは、やはり「直接」に 「疲労」を癒してくれる「施術法」になります。 「鍼灸」「あん...
タイトルとURLをコピーしました