カルマ

カルマ

再解説、カルマの謎について(無闇に前世に答えを求めても仕方がない)4

《無闇に前世に答えを求めても仕方がない》 ここまで、お分り頂けましたでしょうか?。 結局「カルマ」とは、自分のした「行ない」に対する 「結果」として良くも悪くも、人が人と絡んで生きて いくということは、どうしても他...
カルマ

再解説、カルマの謎について(オカルティズム)3

《オカルティズム》 本来、今世においては「因果応報」であり、大きくは 「輪廻転生」の中で「良いものも、悪しきものも」 「次の来世」に影響をもたらす「業=ごう」としての 「カルマ」は、19世紀の「オカルティズム」の流...
カルマ

再解説、カルマの謎について(因果応報2)2

《因果応報2》 一言で「カルマ」と言っても、インドで日常的に 言われる「良い行ないには良い結果、悪い行ないには 悪い結果」という、あくまで「今世」での「因果応報」 を示すニュアンスもあれば、「業=ごう」に示される ...
カルマ

再解説、カルマの謎について(因果応報)1

《「カルマの謎」について》 《因果応報》 「過去生」に絡んでのご質問を頂きました。 《今回のテーマ(過去生)も、楽しく読ませて頂きましたが、スピリチュアルやヨーガで言われる処の(カルマ)についてのご意見をお聞かせください...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」10(まとめ)

「仏教」において「業=カルマ」とは、あなたの「行動」 「言動」一つです。それらの全ては「精神」による「思考」 がきっかけとなるのですから、道徳的にも「結果論」よりも それをもたらす「動機論」の方が重要視されるのです。 ...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」9(異熟の特性)

結局「業=カルマ」とは、「結果」を伴う「行動、行為」 であり、更には「行動、行為」の元となる「意思、思考」 を指すのであって「運命を突如変える、不思議な力」では 無いのです。人には良くも、悪くも「思い癖」というものが ...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」8(仏教的世界観)

「業=カルマ」の論理「業論」とは、人の「人間生活」 その全ての「現象」を包括して、説明しようという非常に 精密で野心的な「理論」へと発展することになります。 現実世界の中で人に行ないに対しての結果、すなわち「果報」 ...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」7(仏教的世界観)

前回は「業=カルマ」についての「仏教的」な 「基本思想」について解説いたしました。「どの世」に おいても「人」そして「魂」が単独で存在し得ることは、 「不可能」です。よって「輪廻転生」を肯定する以上、 必然的に「他の...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」6(おさらい)

インドにおいて、「業=カルマ」の「思想体系」は 紀元前10世紀から4世紀にかけて「確立」されて 行きました。「仏陀」の登場と「仏教」の成立は、 「業論」においても、一つの現実的な「答え」を もたらす事になります。 ...
Q&A

「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」5(おさらい)

ここからは、改めて「おさらい」を致しましょう。 長い「歴史的」に、インド人にとって「輪廻転生」とは 「苦」を意味します。何故なら5000年に渡る、 「カースト制」の歴史は、幾度となく「取り除かれようと」 したのですが...
タイトルとURLをコピーしました