集中力

集中力

特別な「集中力」を身に付ける(特別な集中力は「真剣勝負」の賜物です、出来ますか?)7

《「プロの仕事」とは、その一回一回が全て「真剣勝負」で挑んでいます。それが「一般的な集中力」との「大きな差」を呼ぶのは当然の事です。「あなた」には、そんな「真剣」が有りますか?》「プロの世界」にはあまり「ミス」が許される事が有りません。も...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(集中力でも瞑想法でも特定の「対象」を設定して集中する)6

では、ここからは、この「圧倒的に尖った集中力」を身に付けるにはどうすれば良いのか?に対する  「ヒント」を教えましょう。前項にも書いた通り、「集中力」にも「職種」により「時間」を含めた使う種類は異なります。そして「集中力」とは全てが「本気...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(プロの集中力は長く保持するものと短時間に尖らすものがある)5

さて、前項迄は「一般的な集中力」に関する、何故「集中力に欠けるのか?」と「集中力を維持する為」のあれこれの話をして参りましたが「世の中の一流」「達人」と言われる「プロの中のプロ」は更に全く異なるタイプの「極度に尖った集中力」を発揮して使用...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(子供の頃出来た「無我夢中」こそ「集中力」)4

では《一般的な集中力》を確保するには、どの様な手が有るのでしょうか?「充分な睡眠時間の確保」「脳」の「ストレスや疲労」はどの様な人でも「眠る」事による「休憩」でしか解消はされません。よって最低でも「6時間」より理想的では「8時間」しっかり...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(特別な前に、一般的な「集中力」)3

では、どうやって「圧倒的に尖った集中力」を身に付けるのか?の方法に付いて考えていきましょう。仕事において発揮されるべき「集中力」とは、その従事されている「仕事や職種」により、その対象も「人であったり物であったり」と変化するものです。 ...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(能力、才能を発揮させる「集中力」の必要性)2

《「集中力」の必要性》《「集中力」とは人が持てる「能力」を発揮する際に最も「重要」なものです。》「あなた」にどれだけの「才能」が有ろうと、どれだけの「素質」が有っても、それを「活かす」為の「集中力」が身に付いていなければ、それらは大して「...
集中力

特別な「集中力」を身に付ける(「集中力」で必須な意識レベルとは?)1

《「特別な集中力」を身に付ける》さて、10月に入りまして「氣塾」には沢山の「新人さん」が入門して来られましたが、これによってまた新たな「化学反応」が起きて、「氣塾」がどの様に進化するのか?が、とても楽しみなところであります。「氣塾」におい...
集中力

「ここ一番」には瞬時の「極度集中」と「没頭」(口吸口吐には即効性がある)6

我々は、いつ来るとも知れない「いざという時」 の為に、「日常的」に「瞑想」を重ねて「思い」 を発生させない、いわゆる「無我」を作ることに 勤しんでいます。それは「常日頃」やっている からこそ「ここ一番」に「対応」出来...
集中力

「ここ一番」には瞬時の「極度集中」と「没頭」(常日頃の意識を下げないと)5

誰もが「経験」する「人生」にとっての「ここ一番」 の時、「正しく」物事を「判断」「選択」して 「言動」に移すのには、瞬時の「没頭、極度の集中」 が必要になりますが、その際、あらゆる「思い」が 「正しい判断」の「妨げ」...
集中力

「ここ一番」には瞬時の「極度集中」と「没頭」(人は精密に作業する時は息を止める)4

《人が、何かに「極度に集中」して、物事を「精密に」 「作業しよう」とする時「息を止めて」行ないます。》 これ、何故か分かりますか?、これも「息」をして しまうと「氣」が「動き」、その「氣」が「思い」を 起こしてしまう...
タイトルとURLをコピーしました