加筆再収録、一点集中の集中力の身に付け方(現代人は反応を我慢することが出来ない)1

集中力
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

ありがとうございます!先日のブログテーマ《特別な
「集中力」を身に付ける》は結構な反響を頂きました。
最近参加された生徒さん達から、更に具体的な「練習
方法」とその原理を詳しく教えて欲しいとの「リクエ
スト」を頂きました。そこで、過去のブログではあり
ますが、「2013年1月31日」から掲載しました、
《一点集中の「集中力」を身につけよう!!」》で、
特別な「集中力」を身に付ける為の「段階とシステム
理論」を既に解説しておりますので、新たに加筆しま
して「再掲載」させて頂こうと思います。皆様の参考
にして頂ければ幸いです。

《一点集中の「集中力」を身に付けよう!!》
「氣塾」で使用する「古式マスターヨーガ」や

「武当派太極内丹法」は「精神力」を「強大」にする

為の「技法」です。「精神力」と一言で言っても、

「集中力」に始まり「忍耐力」「胆力」「想像力」

「発想力」「表現力」「決断力」「洞察力」等々、、

「精神」だけの「働き」の「領域」から、「行動」に

転じる「直前」迄の「働き」も含めると、様々な「力」

が「内包」されているものなのです。しかし全ての

「行動」が、あくまで先に「意志」が有ってから、

成り立つ訳ですから、その時の「精神」の「有り様」

によって、全ての「行動」は「変化」するのです。

その「精神」の「癖」とは、以前にも述べた「内向的」

「外向的」の様な「行動」の「出力的」に表面化する

ものですが、今回は、もっと「それ以前」の「精神力」

つまり「内向も外向」も関係ない、根本的な「精神力」

としての「集中力」について、考えていきたいと思いま

す。

あらゆる「行動」を決める為の「精神内」の「動き」に

おいて「精神力」の一つである「集中力」は非常に重要

な「位置」を占めます。何故なら「集中力」の「質」の

度合で導かれる「答え」は異なりますから、それに伴う

「行動」の「結果」まで、全てが「変化」してしまうの

です。私の目から見ると「現代人」は「集中力」が無い

訳ではなく、非常に「偏って」いる様に見えます。

「スマホ」の普及によって「メール」やその他の「情報」

の「着信」に対して

《「細々」と直ぐに「反応」することは出来るのですが、
その反対の「反応を我慢」することは出来ないのです。》

つまり良い表現をすれば「気配り」をする事は出来ても、

「気が散りやすい」ということです。

《あなたは「着信音」が鳴っても「我慢」することが
出来ますか?》

ということです。

さあ、「集中力」を考えてみましょう!!《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました