修行

修行

「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想(新時代は二つの別の価値観が融合した価値観に)5

《「業行同一」は我々の様な「流派の修行」も、それを「生業」とする「職業における修業」も「人生レベル」で望めば、同じ様な「悟り」を得ることができるという「一つの真理」です。》でも「業行同一」は「そこに留まる」ものではありません、何が言いたい...
修行

「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想(「生業、職業」においても人生単位を捧げるべき)4

《「業行同一=ごうぎょうどういつ」とは我々が行なう「道」における「流派の修行」も、人がそれを「生業、職業」として「生きる」為に行なう「修業」も、そこに「何割単位」つまり「十年単位」の人生を「投入」して挑んだ時、それは全て同じ「悟りへの道」...
修行

「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想(生業も極めれば道、登るべき山は一つ)3

《我々の言う「業」とは「生業=なりわい」つまりその学び得た「技芸」でもって生計を立てる「生き様」を意味しています。》予め決まった「技術」を「仕事場や学校」において習得して対価、賃金を頂ける「職業的技術」を身に付けて「生計」を立てていく「生...
修行

「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想(行は技だけではなく「人之道、天之道」も学ぶ)2

《我々の言う「道」とは「行」により成り立っています。》 あらゆる「道」には「段階」があり、その「段階」毎に「行法」と呼ばれる「カリキュラム」「メソッド」が存在しています。「行法」とはその「段階」を最も「効率的」最短距離で進む為の太古から「...
修行

「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想(「修行」と「修業」、道とは行)1

《「業行同一(ごうぎょうどういつ)」の思想》私の考えの中には、この「業行同一」が有ります。これは私が作った言葉です。一般的には「修行」と「修業」このどちらの言葉も世間ではほぼ「同義」とされ扱われますが、我々の世界を含め、本当の意味は異なり...
修行

「哲学の根本原理」や「仏教の法」を役立てる(相手に「メリット」の有る確かなものを)5

《「根本原理」や「真理の教え」というものは「この世」における「絶対法則」を意味していますから、どんな「ご時世」においても「通用する」様に出来ています》ましてや、「スマホ、Pad、PC」で誰もが手軽に、個人レベルで「情報発信」かできる様にな...
修行

「哲学の根本原理」や「仏教の法」を役立てる(情報は出し惜しむのではなく、先に与える時代)4

《私はいつでも、人の生きている「目的」としての「根本原理」とは、広く「他の人達」の「役に立つ」この一点に集約される、と生徒さん達に教えています》人それぞれに異なる世間の人達に対しての「役立ち方」とは、言い換えれば「どの分野、世界」なら他の...
修行

「哲学の根本原理」や「仏教の法」を役立てる(ビジネスでの根本原理とは社会への役立ち度合い)3

では、ここからは「哲学の根本原理」や「仏教の法」の「習得」が具体的に「どの様に役に立つのか?」について解説を進めていきます。《それは、今の「立場条件」や「運、勢い」に関係なく、人生の「帰路の選択」において、誰にも相談する事も無く、「間違え...
修行

「哲学の根本原理」や「仏教の法」を役立てる(センスの無い人は思考の根が既にズレている)2

《哲学の「根本原理」や仏教の「法」は、この世に生きる誰にでも「通用する」ものです。あなたの立場「アルバイト、会社員、自営業者、経営者」には一切関係ありません。》例えば《「愚痴るよりスキル、スキルよりセンス」》これは僭越ながら私の言葉ではあ...
修行

「哲学の根本原理」や「仏教の法」を役立てる(効率的な方法でないと時間が足りない)1

私は「氣塾」において「古式マスターヨーガ」に生きる「古代インド」に伝わる「ウパニシャッドの実践法」や「武当派太極内丹法」に伝わる「古代中国」の「太極陰陽哲学」を教えています。《これらは人の得れる事の出来る「様々な力」を「どの様に行使する」...
タイトルとURLをコピーしました