転機・転換期

転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(中国は「面的拡大」から「質の深耕」へ向かう)6

これからの我々が「取るべき施策」を考えたとき、巨大   なマーケットを抱える中国では、小売業の崩壊において   も日本よりも「10年早く」現象が進行していますから、   その施策となる「次の手」も、既に次の段階に移行して   いるのです...
転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(日本の産業は中国製品との「品質競争の時代」になる)5

《これから「毎年毎年」コロナ騒ぎが起きて全てがストップ する様では「安定」したビジネスは出来ない。という「中国 離れ」となる一つの「きっかけ」と。》   《あらゆる「コスト」の切り詰めの限界に来て「正社員の 給料」にまで手を付けてしまっ...
転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(もう内側からのインフレ圧力しか手はない)4

今年4月から遂に導入される「同一労働同一賃金」は「日本   郵政」に限らず、あらゆる「企業」に大きな「人件費改革」   を迫ったと言えます。基本的に「同一労働同一賃金」の為   《「非正規雇用」の「待遇」を改善しようとした時、既に 「残...
転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(「同一労働同一賃金」の導入もインフレ圧力になる)3

ようやく「3月頭頃」から「一部の輸出が始まる」という   動きが出て来ていますが、今年の「中国発」の「コロナ騒   ぎ」は全面的に「輸出入が停止する」という「経済的混乱」   を招きました。既に全面的に「中国からの撤退」を決めた   企業...
転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(今後のビジネストレンドは「中国製量産品」からの脱却)2

《今年の「コロナ騒ぎ」はある意味「転換期」においての 「ビジネス」の考え方を大きく変える「きっかけ」となる 可能性が大きいと思われます。》   ここまで、あわゆる「ビジネス」や「産業」が「平成」の   長い「デフレ不況の中」で本来「¥12...
転機・転換期

「転換期」の現象はダルマ落とし(当たり前だった事が根底からひっくり返される)1

《商売とは「目先の我欲」と引いた目線での「器」との 「戦い」である。》   「商売=ビジネス」は日々の足元の「売り上げ」を積み上げ   る事により成り立っています。この日々の「売り上げ」が   有るから「安定」する訳で、この「安定」は「現...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(「守りから攻め」我々は明確にシフトする必要がある)9

では「令和転換期」における「守りか攻めか」の取るべき戦略   に対する「提言」のまとめです。我々は明確に「平成の守り」   から「令和の攻め」に「シフト」する必要があります。その   「タイミング」とは「プレッシャーが晴れてくる、この2月...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(どこにでも有る「初心者向け」商品は要らない時代)8

「経営者」にとっての「令和転換期」における「攻めと守り」   の「戦略」を考えたとき、一つの「攻めの戦略」としての   《「量」から「質」》「高付加価値」を付けた「商品」によ   り、これまでの「120円」の価値の物を「100円」で売ろう...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(人はこれまで沢山の商品を作り過ぎてきた)7

「昭和」と「平成」において追求されてきた「量」から、   「人口減少」と「転換期」の「令和」では、明らかに「質」   へと「付加価値」を着けて「単価」を「上げる努力」が各   業界においては急務になります。それは「100円」の物を   「...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(全ての価値観は「量から質」へと変化していく)6

まず我々は「経営者」なのですから「売り続け」なければ   いけない訳で、絶えず「前向き」で「攻め」がベースで   ないといけません。「デフレ続き」の「政府の経済策」を   愚痴っていても何も変わりません。そんな「デフレ」で   「不景気...
タイトルとURLをコピーしました