転機・転換期

転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(「守りから攻め」我々は明確にシフトする必要がある)9

では「令和転換期」における「守りか攻めか」の取るべき戦略   に対する「提言」のまとめです。我々は明確に「平成の守り」   から「令和の攻め」に「シフト」する必要があります。その   「タイミング」とは「プレッシャーが晴れてくる、この2月...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(どこにでも有る「初心者向け」商品は要らない時代)8

「経営者」にとっての「令和転換期」における「攻めと守り」   の「戦略」を考えたとき、一つの「攻めの戦略」としての   《「量」から「質」》「高付加価値」を付けた「商品」によ   り、これまでの「120円」の価値の物を「100円」で売ろう...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(人はこれまで沢山の商品を作り過ぎてきた)7

「昭和」と「平成」において追求されてきた「量」から、   「人口減少」と「転換期」の「令和」では、明らかに「質」   へと「付加価値」を着けて「単価」を「上げる努力」が各   業界においては急務になります。それは「100円」の物を   「...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(全ての価値観は「量から質」へと変化していく)6

まず我々は「経営者」なのですから「売り続け」なければ   いけない訳で、絶えず「前向き」で「攻め」がベースで   ないといけません。「デフレ続き」の「政府の経済策」を   愚痴っていても何も変わりません。そんな「デフレ」で   「不景気...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(未経験の物事にはアクセルとブレーキの踏み時が分からない)5

さて何かと「勝負」の「プロの世界」、その中においても   「経営者」になりますと「長期の勝負」となりますから、   とても「複雑な条件」が絡んで来ますので、その「戦略」   も「複雑怪奇」なものにならざるを得ません。     《何故なら...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(プロはその時々に応じて「攻めと守り」を使い分ける)4

さて、ここまで単純に「男性」と「女性」にとっての性質   としての「攻めか、守りか」から離れて、更に大きな条件   での「攻めか、守りか」に移って参りましょう。   我々「プロの世界」に生きる者や「経営者」は年がら年中   「勝負」や「賭...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(性別の違いから考える「攻めと守り」)3

「守りか攻めか」次は「性別」です。この「性別、 に   おいてはとかく昔から「男性は攻め」で「女性は守り」だ   と言われがちです。それは「男性は遠くの未来を見て」   「女性は今日明日の足元を見る」という「性質」からも、   来ているで...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(年齢的条件から考える「攻めと守り」)2

この「時代の大きな変革期」における「あなた」の取るべき、   「生き残り術」として「真面目、不真面目」ではなくあえて   「守りか攻めか」を問うことが、何故「複雑」になるのか?   と言えば、「守りか攻めか」とは「性格」から出て来るも...
転機・転換期

「攻めと守り」転換期にはどちらが有利?(「イギリス産業革命」以来のインパクトが来る)1

テーマは続いて参ります。現代の「令和大転換期」におい   て、各個人の「性格」によりこの後の「生き残り術」は   変わっていきます。前回のテーマの通り、既に「価値観」   が変わり、時代が変わろうとしている時、世の中自体が   大きく「変...
転機・転換期

それぞれの「令和大転換期」最終年(結局行動が全て、思い立ったが吉日)3

《それぞれの「令和大転換期」最終年(後編)》   さて、ここから問題になるのは「二つ目」の「保守的」で   「内向的」なタイプの人にとっての「大転換期の最終年」   に着いてです。「二つ目」のタイプの人の去年とは「具体的   な変化」は無...
タイトルとURLをコピーしました