ストレス

ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(ネガティブが許容されない世の中)6

今回の「コロナ禍」がもたらした形の無い見えない「不安、恐れ」は誰にでも「均等に平等に」降り注いだものと言えます。具体的に仕事がピンチに陥った人がいれば、仕事を失った人達もいます。そんな中においても、また前を向いて生活を組み立て直す人がいれ...
ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(不安、恐れが痛みに変わるメカニズム)5

何も「力や能力、センス」において、他の人達に「負ける、劣る」だけが「人の弱さ」ではありません。  それよりも「恐るべき」は「自分の感情」に対して「自らが負けてしまうこと」そして過去を含めて大切であった筈の「自分を見失う」ことにあるのではな...
ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(自分自身、そして周囲の人達に向けられる猜疑心)4

では、最後に「本題」とも言える「自己を維持できなかった人」は何故故にそうなったのか?に着いてです。誰もが「コロナ禍」による見えない「不安、恐れ」を感じながら「2ヶ月間」に及ぶ「外出自粛」や「自宅勤務」というものを、今回「初体験」した訳です...
ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(心が弱い人ほど「反省」をしたがる)3

《「2ヶ月間」に及ぶ「コロナ危機」での自粛の中で「自己を維持できた人」と「自己を維持できなかった人」とを「分けた要素」とは「自分を見つめて」「確認、再発見するか」「自分を見失うか」の差だと言えます。》《自己を維持できた人》「自己を維持でき...
ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(コロナ禍で分かれていった4つのタイプ)2

現代は多大な「ストレス社会」です。更には「成熟期」を迎えた日本において人々はその「複雑さ」に人生が「思い通りにならない」苛立ちと焦りを抱えて生きているのです。そこに「特殊事態」とも言える「コロナ危機」が訪れ、具体性の無い不安感と共に、皆が...
ストレス

自己を維持できなかった人は何故なのか?(多発した「自滅清算行為」に走った人達)1

つい先日の《自己を維持できる人と維持できない人》に付いて「何故そうなるのか?」を含め、更に突っ込んだ「解説」を聞きたい、というリクエストを頂きまして、もう一歩突っ込んだ「解説」をして参ります。「何故、更に突っ込んだ解説を聞きたいのか?」と...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(腹式呼吸では、実は解決にならない)7

《いかに「ストレス」に対する「許容量」を大きく するか?》この為には「呼吸法 」は、あらゆる 「精神的健康法」や「スポーツ」等と比較しても、 「間接法」ではなく、直接「自律神経」とつながって いる事からも「習得」して...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(メンタルタフネス)6

《いかに「ストレス」に対する「許容量」を大きく するか?》この方法には「限り」があります。 この「問題」に関しては「人種」や「国」も関係なく 欧米においては「メンタルタフネス」と呼ばれて います。その中において「一般...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(ストレスは万病の元)5

《古来から「病は気から」と言われます。 「気の病は心の病」であり、よって「ストレスは 万病の元」となるのです。》 あらゆる「ストレス」は「自律神経系」を乱し、 乱れた「自律神経」は自衛の為に「ストレスホルモン」 ...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(許容量のバケツと穴の理論)4

どのような「職場」や「環境」「境遇」であっても、 「やっていける人」と「いけない人」がおられます。 「氣塾」において、様々な人達の「人生」をお聞かせ 頂くと、本当に驚くべき「環境」で「お仕事」をされて いる方々もおら...
タイトルとURLをコピーしました