ストレス

ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(腹式呼吸では、実は解決にならない)7

《いかに「ストレス」に対する「許容量」を大きく するか?》この為には「呼吸法 」は、あらゆる 「精神的健康法」や「スポーツ」等と比較しても、 「間接法」ではなく、直接「自律神経」とつながって いる事からも「習得」して...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(メンタルタフネス)6

《いかに「ストレス」に対する「許容量」を大きく するか?》この方法には「限り」があります。 この「問題」に関しては「人種」や「国」も関係なく 欧米においては「メンタルタフネス」と呼ばれて います。その中において「一般...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(ストレスは万病の元)5

《古来から「病は気から」と言われます。 「気の病は心の病」であり、よって「ストレスは 万病の元」となるのです。》 あらゆる「ストレス」は「自律神経系」を乱し、 乱れた「自律神経」は自衛の為に「ストレスホルモン」 ...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(許容量のバケツと穴の理論)4

どのような「職場」や「環境」「境遇」であっても、 「やっていける人」と「いけない人」がおられます。 「氣塾」において、様々な人達の「人生」をお聞かせ 頂くと、本当に驚くべき「環境」で「お仕事」をされて いる方々もおら...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(免疫細胞は日々5000勝0敗)3

人は「困難な状況」に置かれると「ストレス」を感じ ます。そして「寝ても覚めても」悩み事が頭から離れ なくなります。その「ストレス」は本来「夜間」は 休ませる筈の「自律神経系」の「交感神経」を過度に 緊張させます。「自...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(ストレスは精神だけじゃ無い)2

私はこの増える一方の「ストレス」に対して、 《そろそろ「人の許容量の限界」に近づいてきている のでは?》 と考えています。事実、新たに「先端医学」により 「解明」される、これまで「謎」であった「病気」の 「原因」の...
ストレス

人それぞれ、ストレスに対する「許容量」の問題(そろそろ限界値か?)1

現代とは、あらゆる「科学技術」の進歩により、全ての 物事が格段に「便利」に「短時間」で行なえるように、 なりました。昔なら「人と会う」為だけに「数日」を 費やしたり、1日で出来る「物事」自体が限られていた ものなので...
ストレス

《実録、「氣塾」での日常(課題)》7

「氣塾」には「課題」を持って、来られる方々も大勢 おられます。「課題」とは「鬱」や「神経痛」等の 「精神」「身体的」な不調和、疾患を持っておられる 方々です。「ストレス」を元にした「精神面」の不調和は やがて「身体面...
ストレス

《実録、「氣塾」での日常(総動員の必要性)》3

《知らないから「怖い」のです。ですから「知る」 ことから始めましょう!!》 「氣塾」に「某有名酒造メーカー」の方が来られて います。その方は大変「職人気質」なのですが、 これまでに全く「経験」の無い「部署」に回されて...
ストレス

「ストレス」を「味方」に出来る!!8

少しでも「ストレス」を制して、現実を打破し「強く」 なる為の「二つ」の「提案」。「その一」は「問題」を 根本的に「解決」する為の「策」を、複数考え、周りの 「状況」を「インプット」して「シミュレーション」を 重ねる事...
タイトルとURLをコピーしました