成功法則

成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスでさえ趣味嗜好性の対象に)6

現代の日本は「昭和」の「成長期」を経て「平成」から「令和」で「成熟期」に入りました。「成熟期」における「人の文化」とは「趣味嗜好性」において「細分化」が進みますので、様々な「人生観」のある「多様性の文化」だと言えますが、更にここに来て、《...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(若者層と高齢者層で開く一方のコロナの価値観)5

《「重症化は稀だ!」として「ソーシャルディスタンス」を「詰めよう!」「無視しよう」とする「若者層」と、それにより「感染者が増えている!」「若者層のせいだ」とする「重症化の恐れ」を持ち「保守的」な特に地方の「高齢者層」。その全く相入れない「...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスは詰められる方向へ)4

《「コロナ後」の「ビジネスの形」とは、ビジネスを進める人、自体の「人柄が重要視される時代」となると思われます。》例えば、一部の人が唱える「日本人は真面目で恐れ過ぎだ」「コロナは風邪に過ぎない!よってマスクは不要である」という意見にしても、...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(結局ソーシャルディスタンスは何も生まなかった)3

《「コロナ禍」の中で様々な「飲食店」が生き残りを賭けて、様々な代わりの「営業手段」を模索しました》「持ち帰り、テイクアウト」「Uber eats、出前館」等の宅配サービス、でも、これらでは「元の売り上げ」に対してのせいぜい「2割」にしか過...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスを守るとビジネスは崩壊する)2

《「コロナ後」の「ビジネスの形」とは、ビジネスを進める人、自体の「人柄が重要視される時代」となります。》  前のテーマの通り「コロナ禍」は《自分を維持できた人とできなかった人》を分け《先に進める人と進めなくて「自己清算」をする人》に分けて...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(その人にとってのピンチは別の人のチャンスになる)1

《「先に進む人」のテーマにおいて、普通の人達の「何もこんな時に始めなくても」と言う意見に反して 「ネガティブな出来事」が起きた時程「新たな挑戦」を始めようとする人達は多い。》というお話しをしましたが、こんな「コロナ禍」が起きてしまった後の...
成功法則

先に進む人の条件(素人さんの陥りやすいミスは、中途半端な遠慮と確認の不徹底)5

最後に「プロ初心者」が陥りやすい「ミス」の話を私の体験談を交えて話させて頂きますね。《そもそも「日本」は海外とは異なり、ちょっとした「気遣い」や「サービス」そして「アイディア」等に「お金、ギャランティ」が「発生させ難い国」だと言えると思い...
成功法則

先に進む人の条件(昔から企業、会社から「ギャラ」はもらい難いのが現実)4

《先に進む人、進めない人》どちらにも、それそれの 「考え、思い」があり、今の「ベストタイミング」を利用して「先に進む人」がいれば、未だ「時期尚早」と更に先のタイミングを見計らう人もおられます。どちらの「価値観」においても、現在の自分...
成功法則

先に進む人の条件(普通8割の人が、そのときの運次第)3

《一般の人達は、何もこんな「コロナ危機」のご時世に「独立開業」なんかしなくても。》なんて思われるかも知れませんが、現実的に「このご時世」に決断される方は逆に「多く」、既に3~4名の女性が「独立開業」を決断されましたし、その他数名の方が具体...
成功法則

先に進む人の条件(挑戦者にとっては「近年稀に見るチャンスの時」)2

《どの様な「環境、条件下」においても「自己のベスト、全力を尽くす人」には「何らかの結果」が残るように出来ています。》 ですから、私は「生徒さん」が何かを始めるのに当たり、「やるか、やらないか」を迷っていたり「今年か、様子を見て来年か...
タイトルとURLをコピーしました