成功法則

成功法則

「超格差時代」に必要な生き方(いつ迄も過去の情に流されていたら、転機の波には乗れない)4

「あなた」に明確な「目標、目的」が出来て、それに「挑戦、達成」する為に「過去の類」との「決別」を決意する。こうした人生における「不快」や「転機」とは、正しくはこの様に進行するものだという典型的な「サンプル」を説明してきました。私にも過去か...
成功法則

「超格差時代」に必要な生き方(類が変わると、過去の類とは最早話が通じなくなる)3

「過去の類」から「脱出」する「覚悟」を決める為には、それ相応の「理由」が要ります。それは、《「あなた」に「明確な目標、目的」が出来たという「大義」が何より第一で、第二にその「達成の為」には長く馴染んで来た「現在の周囲環境」では、「支障が出...
成功法則

「超格差時代」に必要な生き方(「格差の下」に落ちたくなければ、今覚悟を決めなさい)2

《「超格差時代」において、「格差の下」に落ちてしまった人達が「もう這い上がれ無いのか?」というと、そんな事はないのです。》何故なら「新時代」になって、今着々と「新しい時代の仕事」が出来上がりつつあるからで、それらが新たな「雇用」を作る事に...
成功法則

「超格差時代」に必要な生き方(駄目なものは今既にフリーズしているもの)1

「皆さん調子はいかがですか?」まだ「コロナ禍」も終わった訳ではないのですが、まるで世間は「終わった体」で新たな物事が進んでいます。今回の「コロナショック」は様々な「業界」に大きなインパクトを与えました。これにより「時間」は一気に「3年〜5...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスでさえ趣味嗜好性の対象に)6

現代の日本は「昭和」の「成長期」を経て「平成」から「令和」で「成熟期」に入りました。「成熟期」における「人の文化」とは「趣味嗜好性」において「細分化」が進みますので、様々な「人生観」のある「多様性の文化」だと言えますが、更にここに来て、《...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(若者層と高齢者層で開く一方のコロナの価値観)5

《「重症化は稀だ!」として「ソーシャルディスタンス」を「詰めよう!」「無視しよう」とする「若者層」と、それにより「感染者が増えている!」「若者層のせいだ」とする「重症化の恐れ」を持ち「保守的」な特に地方の「高齢者層」。その全く相入れない「...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスは詰められる方向へ)4

《「コロナ後」の「ビジネスの形」とは、ビジネスを進める人、自体の「人柄が重要視される時代」となると思われます。》例えば、一部の人が唱える「日本人は真面目で恐れ過ぎだ」「コロナは風邪に過ぎない!よってマスクは不要である」という意見にしても、...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(結局ソーシャルディスタンスは何も生まなかった)3

《「コロナ禍」の中で様々な「飲食店」が生き残りを賭けて、様々な代わりの「営業手段」を模索しました》「持ち帰り、テイクアウト」「Uber eats、出前館」等の宅配サービス、でも、これらでは「元の売り上げ」に対してのせいぜい「2割」にしか過...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(ソーシャルディスタンスを守るとビジネスは崩壊する)2

《「コロナ後」の「ビジネスの形」とは、ビジネスを進める人、自体の「人柄が重要視される時代」となります。》  前のテーマの通り「コロナ禍」は《自分を維持できた人とできなかった人》を分け《先に進める人と進めなくて「自己清算」をする人》に分けて...
成功法則

コロナ後の「ビジネスの形」を模索する(その人にとってのピンチは別の人のチャンスになる)1

《「先に進む人」のテーマにおいて、普通の人達の「何もこんな時に始めなくても」と言う意見に反して 「ネガティブな出来事」が起きた時程「新たな挑戦」を始めようとする人達は多い。》というお話しをしましたが、こんな「コロナ禍」が起きてしまった後の...
タイトルとURLをコピーしました