瞑想

瞑想

「誘導瞑想」とはどういうものなのか?(各個人により異なる変性意識の中の「ツボ」)3

《「誘導瞑想」とは「古式マスターヨーガ」そして 「武当派太極内丹法」その「双方」においても、 「大切」な「中心技術」となります。》 つまりは「どう意識を繋ぐのか?」ということです。 その為には「高純度の練った氣」という「エネルギー源」 ...
瞑想

「誘導瞑想」とはどういうものなのか?(ウパースとは私Aと対象神Bが同一化すること)2

さて《「誘導瞑想」とは「どの様なものか?」》に ついて解説いたします。これは先に一言で言いますと、 《私「A」が、対象の皆さん「B」全てと「意識融合」 を掛けて、強制的に「意識レベル」をコントロール、 して「より良い瞑想状態」に「先導」...
瞑想

「誘導瞑想」とはどういうものなのか?(氣塾東中野新教室での知恵哲学講義)1

さて、この「ブログ」を書いているのは、丁度3月の 23日、24日の「東中野新教室」での2日に渡る 「セッション」を済まして、京都に戻った頃となり ます。今回23日は「知恵哲学の講義」と「誘導瞑想」 を、普段の「東京氣塾」ではなかなか...
瞑想

瞑想の極み、「微細身瞑想」と「太極在思」の正体(3分の歌も2時間の映画も本質は同じ)5

「微細身瞑想」「在思」とは「どの様なものか?」 また、通常の「瞑想」とは、どの様に「違う」のか? その「答え」の「一つ」に「降りて来る」または 「気付く」物事が、《何故か「恐ろしく正確」になる》 という「事実」があり...
瞑想

瞑想の極み、「微細身瞑想」と「太極在思」の正体(上とつながるスイッチ)4

通常、「正確」に「瞑想」を行なうには、其れなりの 充分な「時間」と「段階」を必要とします。「氣」を 「発生」させて、「氣」を「巡らせ」、「循環」を 強くして、「意識」を落として「無我」を作る。 そして、更に「意識」を...
瞑想

瞑想の極み、「微細身瞑想」と「太極在思」の正体(微細身だけでの瞑想)3

通常の「瞑想」が目指す「無我夢中」で「没頭」の 「境地」とは、また異なる「在思」「微細身瞑想」 とは、如何なるものなのでしょうか? 「無我夢中」「没頭」の状態とは、何かの「作業」 は可能ですが、そこには「思い」は生じ...
瞑想

瞑想の極み、「微細身瞑想」と「太極在思」の正体(止行、観行の進み)2

通常の「瞑想」とは、先ず「第一」に「止行」を 目指します。「止める行」なのですから、「思考」 「感情」含めた「思い」全てを「止め」にかかります。 これを成す為に、「マントラ系」の「瞑想」の場合、 「氣の循環」自体を「...
瞑想

瞑想の極み、「微細身瞑想」と「太極在思」の正体(通常の瞑想)1

前回まで、「武当派太極拳」におせる「聴勁」の 「基本理論」を説明しましたが、「武当派太極内丹法」 には「在思=ざいすー」という「套路」が存在します。 「在思套路」とは、通常の「瞑想=みんしゃー」とは 異なります。「在...
瞑想

人が身に付けられる「感覚面」の差(氣塾でのヴィパッサナー)7

「ヴィパッサナー瞑想」とは「感覚面」を「開く」のには 非常に役に立ちます。何故なら「感覚面」を「開く」為には 「平常」で「ノーマル」な状態の自己の「精神」から、 「瞑想」や「禅」の「問いかけ」によって「生じる」、 「...
瞑想

人が身に付けれる「感覚面」の差(ヴィパッサナー瞑想)6

「ヴィパッサナー瞑想」の第一目的は「正確」に「自己内」 の「精神面」の状態を知ることに重きを置きます。その為 には、あらゆる「雑念」や「見栄」「贔屓目」は「邪魔」 になります。よって「サマタ」による「止行」は必須となる ...
タイトルとURLをコピーしました