全ては過去の経験の「おかげの法則」(「人生には無駄が無い」てことは?無理矢理でも)2

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《過去の経験の「おかげ」の法則》とは、皆さん

それぞれにある「過去の経験」を「活かす手段」や

「仕事」とは「何か?」を予め「予測」する事に

より、先に起きる「現象」を「最大限」にして

しまう事を「目的」とします。「最大限の現象」を

引き出すのですから、そこに半ば強引でも「必然性」

を作ってしまう為の「テクニック」だと言えます。

あらゆる経験を重ねて、何かを「成し得た人」は必ず

《「人生」には「無駄」は無い》と言います。

それは、どんなに「無駄」に見える経験でも、どんなに

辛い困難の経験でも、必ず「学べる何か」があり、

その後の「人生」で必ず「役立つ」時がくる。という

「事実」を示しており、結局、長い目で見れば「人生」

には「無駄」が無かった。という古くからの「格言」」

です。私は「これ」を知っていたからこそ、過去の経験

の全てを「活かせる」方法とは何か?を予め「考えて」

「氣塾」という「解答」に行き着いた訳です。そして、

「過去の経験」の「全て」を「活かせた」から、現在の

「結果」に行き着き、更に「経験」を「活かして」これ

からも「伸ばす方向」を「模索」していくでしょう。

《ですから「問題」となるのは「過去の経験」の「全て」
を人生上に「活かさないと」いけない、という事実なの
です。》

これは、例えば、あなたの「経験」が「10」有れば、

その「10」を全て活かさないといけない、という訳で、

その内の「5を活かしました」「7を活かしました」では

起きる「現象」は「月並み」もしくは「月並み以下」と

なってしまいます。全然「最大限」ではありませんよね。

あと、もう一つ考え得る物事として、

《もちろん「時間軸的」に、先に「7を活かして」始めて
後で「3が活きて」、最終的には「10全てが活きました」
は当然よくある話しとなる訳で、それでは「月並み」
ですから、我々からすると駄目ということになります。》

そこは、例によって「知って行わずは、知らぬが如し」と

なりますから、これを「知ってしまった」あなたは既に

「全てを活かす手段」を全力で「考え」なければいけない

ということになります。ただし、「人生」というものは

単純ではなく、面白いもので、人によっては「飽き性」と

いう「性格」が元で、「10」を超えて「20」とか、人に

よっては「30」に及ぶ「多種の経験」を積んだ人も居る

のです。言わば「薄く広くの人達」ですね。こちらの方々

が「経験を活かす」場合、その「経験」を「ジャンル分け」

して「8割」を目処に「活かす事」を考えると良かったり

します。

例えば、どんな「パターン」があり得るのでしょうか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました