再解説「印僑」が使う精神魔法「ジュガール」(ピンチの時、自分の中の神を起こせ!)6

教え
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《ピンチの時、自分の中の神を起こせ!》

師匠、「ラニー師」は「印僑」でした。私が師匠から

聞いていた「ジュガール」は「おまじない」のようで

もあり、困難があっても「必ず何処かに出口がある」

という「ポジティブ」な「執念」であったり、全てを

「素」で捉えようとする「日本人」の、ある意味「素

直」な思考とは「一味違う」独特な「自己中心的ポジ

ティブ」というものでした。

それは、祖国から遠く離れて「ビジネス」を行なうが

故に、安直に「甘え」を出しても、誰も「頼れる」訳

でも無く、其れなりの「覚悟」と「志」を持った上で

の、自分の「人生」なり「宿命」に対しての「挑戦」

があり、「ジュガール」とは、その為の「武器」であ

り「支え」でもあったように思えます。

「ジュガール」の「思考法」とは日本人にとっての

「粋、わびさび」の様なもので、決して「言葉」では

「言い表せない」ような独特なものです。「素直」に

物事を「正面」から受けて理解する「日本人的」なも

のとは違い、一つの物事を「正面以外」の「斜め」や

「後ろ」から見ることにより、その「本質の芯」に当

たる部分を「シンプル」に「見極めます」。

これは、物事の「良し悪し」全てにです。

その「シンプルな見極め」は、日本人の私にとって、

ある意味「ひねくれ」や「あまのじゃく」のように

「映り」ました。

しかし「ピンチ」になれば「チャンス」と捉えて、

半ば強引に「出口」を見つけ出す「思考法」は、

その後の私の「人生」に大変役に立ちました。

「ジュガール」はアメリカでも「サチン・チョード

リー氏」により紹介され、日本でも紹介されました。

「自分の中の神を起こせ!」という「合言葉」は、

私からすると「本当にインド人らしい」の一言に

尽きます。

「ラージャの時代」に端を発する「ジュガール」。

「サチン・チョードリー氏」は、それを「シンプル」に

表現していますが、本来は「まじない」のようであり、

「呪術」のようでも、あります。

更に「ジュガール」の解説を続けましょう!

いかがでしょうか?ピンチの時《自分の中の神を起こせ》

私が「ジュガール」の中でも一番好きで、大切だと思う

言葉です。「いざという時」は誰もが一人です。たった

一人で選択決断するのが人です。そこで勝負を賭ける時、

自分の中の「神の声」を聴けるかどうかは、常日頃が問

われます。つまり、自分の中の「神」とどれだけ話を重

ねたか?ということです。私はこれにとても助けられた

と思います。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました