人間関係

再解説、如何に「類は友を呼ぶ」の類から脱出するか?(嫌悪感と上昇志向)1

《如何に「類は友を呼ぶ」の類から脱出するか?》 《嫌悪感と上昇志向》 前回から「テーマ」は繋がってきます。今回のテーマ は《「類は友を呼ぶ」を「前提」にした時、いかにし て「類」を「変えるか?」。》 について...
「氣」

再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(時には自然よりも大きくなる力)5

《時には自然よりも大きくなる力》 時に「自然」は荒れ狂い、その「強大な力」を振るい、 人が作った建物や家をなぎ倒します。でも、人の方も 負けじと「建物や家」を荒れた地に建て直して、数年 で元通りに復旧させてしまいま...
「氣」

再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(パワーに関するインド人の常識)4

《パワーに関するインド人の常識》  「氣塾」の生徒さんで「インド文化」特にインド料理 が好きで「インドレストラン」で働いておられる方が おられます。通常「インドレストラン」の従業員は 「スリランカ人」の方が多かった...
「氣」

再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(硬いもの程、氣を吸収する)3

《硬いもの程、氣を吸収する》 ここまで《あらゆる「物」には「氣」が「宿る」》 この事実を「職人」が手間ひま掛けて作る「手工芸品」 である「魂の一品」。あらゆる「芸術家」が思想や技 巧を尽くして作る「入魂の作」。これ...
「氣」

再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(文人とは文房の人を指す)2

《文人とは文房の人を指す》 「中国」には「伝統社会」による「人種類型」により 「武人」「文人」として表される人種があります。 その中で「文人」とは「文房の人」、つまり「書斎に 収まる人」であり「学問を修め、文章をよ...
「氣」

再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(氣は物に宿る)1

《あなたが「パワースポット」に成れば良い》 《氣は物に宿る》 《何かに「頼る」のではなく、「あなた」が「強く」 なれば良い。「特別な石」「特別な場所」に「頼る」 のではなく、「あなた」が「パワースポット」に ...
修行

再解説、仕事、信仰、習い事、修行、どうすれば続けられる?(精神には監視と命令、そして飴と鞭)5

《精神には監視と命令、そして飴と鞭》 「仕事」「信仰」「習い事」「修行」、人が「続ける べき」それらの物事を、長年に渡って続けるには、 「より良い精神状態」をいかに続ける事が出るか?に 掛かってくるのですが、その為...
修行

再解説、仕事、信仰、習い事、修行、どうすれば続けられる?(宿命無き者は模索せず)4

《宿命無き者は模索せず》 「古式マスターヨーガ」に伝わる「教え」 《続かないのは飽きるから、飽きるのは進化成長が 無いから、進化成長が無いのは「探求と模索」が 足りないから。》 そこには、もう一つ「付け足すべ...
修行

再解説、仕事、信仰、習い事、修行、どうすれば続けられる?(続けられないのは飽きるから)3

《続けられないのは飽きるから》 「仕事」「信仰」「習い事」「修行」それぞれの世界 は奥深く、続けても続けても「学ぶこと」は尽きず、 最終的には何時も「自分自身との戦い」となります。 その中において、必ず「続けられな...
修行

再解説、仕事、信仰、習い事、修行、どうすれば続けられる?(どの道を選んでも登る山は一つ)2

《どの道を選んでも登る山は一つ》 「仕事」「信仰」「習い事」「行法」あらゆる世界に 奥行きと深さがあり。誰もが、それぞれの「道」をひ たすらに歩むことによってのみ「身を修めて」それな りの「修得者、マスター」と成り...
タイトルとURLをコピーしました