あなたの「人生」を変える「修行法」8(海外の仏教)

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「仏教」は「日本人」にとって、文化的にも

「近い」ものにも関わらず、あまり「正確」に

「理解」されていません。「信仰」としての

「側面」は根付いてはいますが、「修行法」

としての「側面」は「苦行的」なイメージ、

「煩悩」を削り、「無」を維持するように

「我慢」する。「瞑想」は「ヨーガ」と

いった所だと思います。

現在、「修行法」としての「仏教」は「日本」

より「欧米」の方が積極的に研究しています。

「欧米」では、一旦「信仰」と「修行法」を

「切り離して」捉えており、数々の「悟り」に

導く、優れた「瞑想法」を持つ「文化」として

「研究」しています。「欧米」では「瞑想」は

「ブッティスト・メディテーション」として、

日本にもある寺院や教団儀式とは全く「別に」

して、「瞑想修行法」を中心に独特な形態が

とられています。また、その「手法」も「宗派」

とは関係無く「またがっており」、以前にも

当ブログで紹介した、ゴエンカ系の簡易瞑想化

させた「ヴィパッサナー瞑想」を中心に、日本

やベトナムの「禅宗」チベット密教、ゾクチェン

等も取り入れています。思想的にも「上座部仏教」

「チベット仏教」「禅宗」の哲学的に「優れた部分」

を「織り交ぜて」独自の「自由」な解釈に発展させて

います。これは「より日常的」に「瞑想」を取り入れ

ようという、一つの「現代的」な「修行」の形なの

かもしれません。その流れは本来「複雑」な手順を

踏む「ヴィパッサナー瞑想」を、よりカジュアルな

「マインドフルネス瞑想=気づき瞑想」として、

現在、欧米以外の国々にも急速に広まりつつあります。

一つ「注目」すべきなのは、彼らはこの「技法」を

単に「修行法」としてだけでは無く「自律神経失調症」

等の「ストレス」からくる「精神性疾患」に対しての

「心理療法」や「精神カウンセリング」の分野にも

積極的に「取り入れて」いるということです。

「本道」を進む「行者」からは、この「流れ」に対して

様々な「意見」も有るかと思われますが「ネット環境」

により「世界中」がつながっている「現代」において、

各「宗教」が自ら「なぜ欧米で(キリスト教)であり、

東洋で(仏教)なのか?」という「単純、素朴」な

「質問」に対して「答えない」限り、優れた「修行法」

は「修行法」として「信仰」と「切り離して」、

ただ「悟り」を求める、という「流れ」は「現代的」

で「合理的」なのかもしれません。既に全米だけで

3千とか4千と言われる「メディテーション・センター」

や「禅・センター」の存在は、伝統的な「枠組み」に

とらわれない、新たな「時代」の「仏教」と「修行法」

の可能性を見せてくれているのでしょう。

続きますね!

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました