あらゆる力と能力は体得すると「落ち着く」方向に向かう(知識も経験に転換する事で「落ち着く」)4

落ち着く方向に向かう修行
このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《人は、あらゆる「力や能力」を得ると、全てが「落ち着く」
方向に向かうことになります。》
例えば「武術」において「体力精神力的」に「弱かった人」
が「筋力」や「戦うためのテクニック」を数年習得すれば、
まあ、素人よりも確実に「強く」なる訳です。そうすれば、
「強い自分」を実感する事になり、精神的にも「弱々しい
自分」から「ゆとり」が出てきます。そうしていつの間にか
小動物的な「ビビリ感」は無くなり「落ち着いて」くるもの
です。これは「気力」も同じです。「氣塾」ではこの「氣」
を「強化」する事に特化させていますが、「気力」が強く
なれば、その「器」である「器量」も大きくなるもので、
「器量の大きな人」のイメージ通りで「落ち着き」が出て
来るものなのです。
更には「知は力なり」と言いますが、人間というものは、
「未だ知らない」「理解できない」事に対して「恐怖感」
を持ちます。知らない、分からないから「怖い」訳で、
その「足りない部分」に「知識や知恵」が「補填」されれ
ば「何だ、そういう事か!」となり「恐怖感」も無くなり、
既に「知った」訳ですから、これも「落ち着く」方向に
向かう事になります。
このように「知るだけでも」かなり「落ち着く」方向に
行けるのに、なかなか行動に移せず「知ろうとしない人」
も居れば、「エリートインテリ層」みたいに、取り敢えず
「知識ばかり」を貪欲に取り込んで、「知る快感」を得て
「安心」しようとする人達も沢山おられるのも事実では
あります。でもこの場合、「知識」とは絶えず時間と共に
「古くなる」ものであり、随時更新しなければいけない
ものでもあり、《それ故に「知識」ばかりを得る事は
「心の負担」を増やす事である。》と言われる訳なのです
が、もう一つは「知識」とは決して「経験」という「厚み」
を持つものでまない為に、何処までも「らしいよー?」と
いう事であり、そこには「知識自体」の「存在証明」が無い
という「真理」が成り立つのです。
まあ、こういう事で難しいことを抜きにしても、あらゆる
「能力や力」とは得れる事が出来ると、全ては「落ち着く」
方向に向かうという事です。それは例えば「習い事」でも
同じでして、仮に「あなた」が「ピアノ」を習得したとして
「あなた」の根本的な性格が「激変」する事はなくても、
やはり体得した事による「自信」は宿りますし、「音楽」を
通しての「あなた」の世界観は豊かに「変わっていく」こと
にも、誰も「異論」は無いと思います。それが分かっている
のに、なかなか腰が上がらない、邪魔くさいのは、それも
時間を無駄にしてしまう、人の本質でもあるのでしょうが、
「やったか」「やらなかったか」は最終的に「人の厚み」の
差をもたらし、「落ち着き度」の差にもなるのは間違いは
無い事なのですよね。
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました