何故か最近「エステ、美容系」の皆さん(飲むアロマ、スパジリック)4

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「エステサロン」と「氣塾」において「前向きな

精神状態の維持」は重要な「要素」となります。

《その為には「スタート地点」の「状況」を「双方」
が共に「明確に認識」し、そこからの「進歩、進捗
の状況」を共に「確認」する必要があります。》

それでなくても、そこに来るまでに散々「悩んで」

「凹んで」決意した上で、来られる訳ですから、

「良い精神状態」と「やる気」の維持は必須となる

のです。それでも「定期的」に「お客さん、生徒さん」

の「心」は「揺れ動いて」いるのです。「精神と肉体」

が「直結」している以上、それは全ての「効果、結果」

として現れますから、「指導する側」の人間は、絶えず

「褒めて、励まして」相手の「心の状態」を「トレース」

する、絶えず「二人三脚」である必要があると思うのです。

あくまで、それが有った上での「効果」でないと意味が

ない様にも思います。やはり「人と人」ですからね。

あらゆる「トラブル」は「精神状態」に「繋がり」ますが、

その「原因」とは「人間関係」における「ストレス」が

殆どです。この「ストレス」との「戦い」は「太古」から

延々と続いて来た訳です。今回「エステサロン」と「氣塾」

の「共通性」を書きましたが、

《全ては「対ストレス」としての「神経の鎮静」すなわち
「リラクゼーション」の必要性から始まります。》

その様な意味でいち早く「エステ業界」が「日本」に紹介

した「アロマテラピー」の「技術」は「古代インド」の

「アーユルヴェーダ」の「技法」の「一部」で、

《元々は「リラックス」して「心を解放」し「無」に入り
「良い瞑想状態」を目指すものであり、それによる「氣」
と「チャクラ」の「育成」を目的とした事に始まります》

ですから、考えれば決して「遠い存在」ではなく「ヨーガ」

と「親戚関係」でもあると言えます。更に近年、 急速に

「人気」が出てきている、「イタリア発」の「自然療法」

「芳香療法」でもある《「飲むアロマ、スパジリック」》

起源は「ルネッサンス期」まで遡る、とのことですが、

ここでも現代では、その「理論哲学」として「陰陽五行」

「アーユルヴェーダ」そして「中医学」をも取り入れて

いるとの事で、そこにも「氣塾」と「近しい」ものを

感じざるを得なかったのは、正直なところです。

《「古いもの」には「揺るぎが無く」、そこには徹底
した「人間研究」の「成果」があるのだ。》

と言われますが、そこには「人の精神」と言う

「西洋医学」の「お薬」を使った「対処療法」だけ

では安易に「解決」出来ない「複雑」な「要因」が

潜んでいる以上、それをまた「解決」に「導ける」

のも「施術」する「人次第」となり、

その「本質」とは、何処までも「アナログな世界」

であるべき、なのです。

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました