再解説、本当の「中庸」の意味(多種多様な価値観を身に付けましょう!!)8

成功法則
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《多種多様な価値観を身に付けましょう!!》

「中庸」を語るとき「過ぎたるは及ばざるが如し」

という「諺」が度々引用されます。「喜び過ぎる」の

も「悲しみ過ぎる」のも「思い過ぎるのも」「考え過

ぎる」のも「良くないよ」ということです。でもこれ

は「精神的」な「理想論」にしか過ぎません。本当の

「意味」での「中庸」とは「徳」ですから、「能力」

であり「テクニック」だとも言えます。

《何故「あなた」が社会的な「仕事」や「人間関係」

において「上手くいかないか?」を考えたとき。》

《それは、「圧倒的」に「価値観」が「足りない」か

らだと言えます。》

そこで「古式マスターヨーガ」の「真髄」とは、

《「制御下」に置かれた「多重人格」》だと言いまし

たが、普通の人の場合「この場合これ」「あの場合は

これ」と、大概一つしか「価値観」を持っていない筈

なのです。そこで如何に「中庸の徳」を得れるか?

とした時、

《まず最初に、あなたの「価値観」の「正反対の価値

観」を「理解」出来なければ、その「中間」たる「価

値観」なんて「理解」出来る筈は無いのです。》

《「世の中」には実に沢山の「価値観」が有り、その

「価値観」の数だけ「アプローチ法」も有り、また

「成功法」も存在しているのです。》

「あなた」の知っている「価値観」は、その中の「一

つ二つ」に過ぎないのです。「中庸の徳」の「体得」

の仕方を「先達」に「学べば」よく分かります。それ

はいくつかの「段階」に分かれていますが、その「第

一」として、

《沢山の「人」と会って、沢山の「人」と話し、その

「価値観」に大いに「驚嘆」して、自己の中に「取り

込む」ことです。》

これを「繰り返す」ことにより、「あなた」の「価値

観」はどんどん「豊か」になっていきます。そして、

《全ては「模倣」から始まる》のですから、その方に

「憧れて」その「生き様」を自らの「行動」で「真似

る」ことから「始める」のが、その「体得の一歩」と

なるのです。

いかがでしょうか?「中庸」を表す「諺」として多用

される「過ぎたるは及ばざるが如し」これは、相手を

思う「暖かい心」ではありますが、道を極めようとす

る「求道者」にとって「過ぎたる」は必須となります

ので、これは「真理」とは言えません。「中庸」とは

「徳」ですから、極めるためには「必要な素養」であ

り、こちらは一つの「真理」と言えます。よってこの

「過ぎたる、、、」は「中庸」を正確には捉えていな

いと言えるのてす。

それは「必須の素養」なのですからね。《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました