「チャクラの性質」を正しく知って頂きたい(チャクラを稼働させるのは「氣」である)1

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

今回、このような「ご質問」を頂きました。

《こんにちは、ご質問させて頂きます。私は現在、
人生の岐路にありまして、ここからの先行きに悩んで
おります。それは過去からの生き方の不味さから、
新たな生き方を模索している毎日です。占い師からは
「4番チャクラに問題があるから」と言われました。
「氣塾」に行けば、4番チャクラを整えて頂けるので
しょうか?》

なるほど、了解しました。もちろん「氣塾」に来て頂け

れば「4番チャクラ」を整える事は可能ではありますが、

少し「チャクラ」というものについて、最近「誤解」

されている、又は「正確に理解していない」意見や記序を

多々見かけますので、ここらで改めて解説しておきます。

《まず、「チャクラ」とは「ありがたいもの」ではあり
ますが、あくまで「道具」だという事です。》

《それは「精神」と「肉体」そして「人生」を「より
良い」方向に「導く」為の「道具」なのです。》

ここで、あくまでも「勘違い」してはいけないのは、

「あなた」の「人生」は「あなた」の過去からの「生き様」

によって「現在」がある訳で、そこで「問題あり」と気が

付いて「生き方を変えなければ」と思ったという事ですが、

《それは「占い師」に言われたという事ですが、「道具」
である「チャクラ」に「問題」がある訳ではなく、あくまで
「 あなた」 の「生き方」を「選択」している「考え方」や
「精神」の方に「問題」が有るのが大半なのです。》

これは、日々沢山の人達の「チャクラ」と「格闘」して

いる立場だから「分かる」ことではありますが、そもそも

《その「チャクラ」を「稼働させる」のは「氣」です。
そして「氣」とは「生体エネルギー」であり、基本的には
その人の「足りない部分」に集まり「補い」「完成に導く」
「補完の性質」を持っています。》

つまり「精神内深く」にある「潜在意識」が「足りない

何か」に「気付いて」、それにより「氣」が「命令」を

受けて、必要な機能を持つ「チャクラ」に「集まり」、

その「機能」を「引き出そう」とするのです。

「分かりますか?」だから仮に「2番チャクラ」に「氣」

が「集まった」からと言って、決して「2番チャクラ」

が「強い」訳ではなく、

《「足りない何か」を「補う」為に「氣」は「動き」、
そして動いた「氣=水」によって「水力発電的」に
「チャクラ」が動いたということなのです。》

つまり、「道具」としての「チャクラ」の「不具合」

どころか、その「道具」が「使えない」から「精神」

において「問題」が生じるのであって、

「あなた」の「精神」と「考え方」に 「問題」がある、

ということなのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました