正しい「成功の仕方」と「努力の仕方」の心得(正しいスキルは運と縁を呼ぶ)3

運と縁を呼ぶ成功法則
このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「努力の仕方」というものには「要領」があります。》
 
その「要領」とは、「努力」により「何かに気付いて」
 
「何かに閃いて」それらにより、その人自身が「スキル
 
を上げる」ものでなければいけない、という事です。
 
では「努力」により「スキル」が身に付くと「どう変化
 
するのでしょうか?」
 
《「スキル」を身に付けた人には自然と「ニーズ」
が「発生する」様に出来ているものなのです。》
 
《これは、一見「無駄に見える努力」であっても、
その「不安を打ち消そう」とする「努力の姿勢」が
「運を呼び込む」という一面を持つからです。》
 
 
ただし「正しいスキル」である必要があります。正しい
 
スキルとは「人に役立つスキル」でないといけませんし、
 
そこらに転がっている様な、誰にでも出来る「安易で
 
簡単」なものなら、あまり「役立たない」のですから
 
「ニーズ」は湧き出て来ません。これらは当然の事だと
 
言えます。
 
《この「世の中」では、最終的には「運と縁」が全ての
「采配」を行います。不思議なもので、その人が本当に
他の人達に「役立つスキル」を身に付けていた場合、
必ず「何かの拍子で表面化する」事になるのは、あらゆ
流「史実」や「物語」にも頻繁に出てきます。》
 
つまり「努力」して「身に付けたスキル」が「運と縁」を
 
呼び込み、その「運と縁」によりその人の「仕事の質」や
 
「生活」「人生」までもが「一変してしまう」のは、実は
 
この「世の中」ではよくある事なのです。
 
かく言う私も、「師匠」と出会って、そこから「修行」を
 
重ねて、独り立ちして、それでもその後の「数年間」誰に
 
も「氣塾の技術」に関して「話さず」、ずっと秘密にして
 
普通に「物販店舗」を経営していましたが、その「きっかけ」
 
を作ったのは、お店の「顧客さん」だったのです。駅前の
 
「ヨーガ教室」に通いだしたと言われた「顧客さん」のする
 
「呼吸」が「ぎこちなかった」ので「もっと、こうされたら
 
良いですよ!」と指導したところ、「あなた、何でそんな事
 
を知っているの?」と「バレて」しまい、その方が「気功整体」
 
の院をを経営している、と言う事で「私とスタッフ友人数人」
 
に「その技術を教えてください」と頼まれて教える様になった
 
のが「氣塾」を立ち上げる丁度「一年程前」の話しです。
 
《そこから、あれよあれよと「私の人生」は一変する事に
成った訳ですから、「スキル」が「運と縁を呼び込む」と
いう事は、やはり私の場合も「事実」だとしか思えないの
です。》
 
だから「努力の仕方」にも要領がある、と言えるのです。
 
 
 
更に、続けていきましょう!!
 
 
 
 

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました