「大震災から25年」災害時の人の意外な心理(震災後の風俗店の繁盛も「人の生身の精神」)4

繁盛時代
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

人は「震災」や「災害」を身近に受けて、当たり前の日常
 
から「仕事が奪われたり」「日々のやる事さえ出来なくな
 
ったり」ある日突然「非現実的な現実」に出くわした時、
 
《いつまでも「深妙な面持ち」ではいられない訳で、取り敢
えずの「現実逃避」と「心の癒し」を求めてさ迷う事になる
のです。》
 
それは現実的にも「震災の当日」既に駅前の「パチンコ屋」
 
は、取り敢えず「やる事」の無くなってしまった、さ迷える
 
「大人達」で「いっぱい」になっていました。そんな事を
 
聞けば「災害の外部」に居る人は「不謹慎」だと思うかも
 
知れませんが、急に「やる事」を失った「大人の心理」とは
 
そんなものなのです。今回の「ブログのテーマ」を書こうと
 
思った「きっかけ」は、数日前「本屋」でふと見かけた
 
《フリーライター「小野一光氏」の「震災風俗嬢」》という
 
本が目に付いたからです。作者はただちに現地入りし被災地
 
を取材。凄惨な光景と向き合ううちに「肉体の疲労」よりも
 
「精神的な疲労」を強く感じるようになった。そうした状況
 
で着目したのが「被災地の性風俗」だったという訳です。
 
《「現実的」にはここでも「3月11日以降」被災地の風俗店
はとても「繁盛していた」ということなのです。》
 
そこで著者は「8年」に渡って「被災地で働く風俗嬢」を取材
 
しました。そこには傷を抱えながらも「たくましく生きる」
 
人の姿があったと言います。おそらく、ここでも外部の人は
 
「そんな大変な時に風俗へ足を運ぶなんて!」と考えると思い
 
ます。でも、そんな状況下だったからこそ、災害で家や仕事、
 
更には家族を失った男達は、絶望しながらも、風俗に「癒し」
 
を求めたと言うのです。
 
《でも、これこそが「人間の生身の精神」というものでは
ないでしょうか?》
 
決して私は「風俗」を推奨している訳ではないのですが、
 
「阪神淡路大震災後」に「ふざけた雑貨だらけの私の店」が
 
若い人達で「繁盛」したのも、震災当日に「パチンコ屋」が
 
やる事を失った「大人で溢れた」のも、3月11日以降「風俗
 
店」が「繁盛」したのも、
 
《同じシビアな現実の中に、いっときの「癒し」を求めた、
「綺麗事」だけではどうにもならない、同じ「人の心理」
なのではないでしょうか?》
 
人は「綺麗事」だけでは「どうにもならない部分」がある
 
のです。表面的な「励まし」や「助け合い」ではどうにも
 
ならない現実も多々あります。とかく日本人は「その部分」
 
に対して「目を背けがち」だと思います。
 
《私と「氣塾」はそんな「人の心のひだ」に触れる「仕事」
でありたい、と思いますね。》
 
 
 
では、新たな「テーマ」に移りましょう!!
 
 
 
 
 
 

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました