5月25日知恵哲学講義「改めて今、六師外道」(我々の技術は口伝伝承、よって証拠無し)1

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて、5月25日は2回目の「知恵哲学講義」を東中野
の東京「氣塾」教室で行ないました。今回もその講義
の「まとめ概要」を残しておきたいと思います。
「知恵哲学講義」の最初とは「古代インド史」から
始まります。そもそも
《我々の学ぶ「古式マスターヨーガ」とそれを支える
「哲学形態」である「ウパニシャッド哲学」 が
「どの様な経緯」と「必然性」を持って「約3500
年前」に成立されたのか?》
を学んでおいて頂く必があると、常々考えていた為
です。ただ一つ「難しい」のは、一般的な学術的な
「インド史」と実質的な「インド史」では、かなりの
「時間的な差異」があります。
《それは「初期仏教の成立」した「紀元前5世紀」におい
ても、まだ「文書書物」にして「残す」という「文化」
が出来上がる「以前」となる為です。》
もちろん、それ以前にも「シュメール文化の粘土板」や
「古代中国」の「甲骨文字」、「古代エジプト」の
「パピルス」に書かれた「死者の書」など「約紀元前
2400年~1500年」の物が「発掘存在」してはいますが、
《本来「古代文化」のあらゆる「技術」は「宗教呪術的」
な側面を多分に持つ為、それらの「伝承」は「人という
生きた本」が「弟子」に「歴史、技術」を直接他に漏れ
ない様に伝える「口伝」によってのみ「伝承」されて来た
経緯によります。》
よって、あらゆる「経典」「歴史書」の大半が「文書化 」
されたのは、主に「紀元後250年頃」、インド二大叙事詩
「マハーバーラタ」でも「グプタ朝」ですからその頃から
「文書化」が進んだ時期だと言える訳で、それ以前には
全てが「口伝」による「伝承」だったのです。
例えば「初期」のものも含めて、あらゆる「仏教経典」の
最初は「如是我聞」の一言から始まります。
「如是我聞」とは《このように私は師から聞いた》という
「冒頭語句」です。何故そうなのかと言うと。
《つまり「弟子達」が集い、師から受けた「教え」を共に
「忘れない」「ズレない」様に、互いに「申し合わせて」
いた事を表しているのです。》
今であれば「メモを取る」だけで済む事で容易い事では
ありますが、事が事だけに「口伝」であり「申し合わせ」
が重要視されたのが「古代文化」なのだとも言えます。
よって「学術的」には「その証拠」とも言える「遺跡」や
「書物」が「存在」した時期を「放射性炭素年代測定」に
より「導き出した時代」が「歴史」として認定されるの
ですが、
《「口伝文化技術」自体が何も「物証を残さず」数千年の
時代を「保持する機能」を持っている為に、そこには
「数千年のオーダー」での「差異」が生じているのです。》
実際、我々の使う「ヨーガ」の「技術」の発生は「約3500
年前」とはされていますが、それは「インダス文明」の
「モヘンジョ=ダロ」「ハラッパー」の「坐法をとるシヴァ
神」の彫像による為で、基本的には成立時期は「不明」と
されているのですが、「ジッダ医学」の発生が「一万二千年
前」で、その「医学的問診」に「ヨーガのトンレン技術」が
使われていたのですから、その点で既に「辻褄が合わない」
事になります。よって特に「インド、中国」に関する
「学術的歴史観」と我々に伝わる「ウパニシャッド」などの
「ヨーガ技術的歴史観」には下手をすると「数千年単位」の
「大きな差」が含まれている 。という事を前提に「理解」
して頂く必要があるという事です。
今、「聖徳太子(厩戸皇子)」や「大化改新」等「日本史」
においても大きな「年代や史実の改定」が行われている様
ですが、「証拠品」の出土や発見により変わるのですから、
「歴史」とは「そういうものだ」という「心持ち」で
認識、接する必要があるのですよね。
では、講義の方に移りましょう。
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました