「呼吸法」で「性格」を変えてしまおう!(「精神の中和の原理」とは何か?)4

性格
このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「呼吸法」により「あなたの性格」は変わります。》
では《「精神の中和」の原理》とは、どういうものか?
を解説して参りましょう。まずここで基本として理解し
ておいて頂きたいのは、
《「精神=心」とは「気持ち=気の持ちよう」である。「気の持ちよう」とは「気の波の立ち方」を意味している。つまり「心」とはあなたの今の「気の波」の状態を表している、ということです。》
その「表現」において「日本語」というものは「氣の
状態」を正確に表している、とても高度な言語なのです。
例えば「気の波」これを「エネルギー的」に考えれば、
とても理解しやすくなります。

《「氣」を「波のエネルギー」の観点で見た「強弱」》
《気の波が大きい》という事は「エネルギー量も大きい
状態」です。「気が高ぶる」「気が高揚する」これらは
「波」は大きくても、まだ「角が立たない丸さ」を帯び
ています。それに対して「怒り」や「興奮」は「波先」
に角が立ち「ギザギザ」になっている状態です。当人に
しても「冷静な判断」は不能ですし、他の人達にとって
も「人当たりが悪い」とも言えます。でも根本的に
「気が強い」という事は「挑戦的」で「アグレッシブ」
ですから「エネルギー」に満ちていて、何かと「有利」
な側面が有りますよね。これに対して、

《「気の波」が「弱い」又は「沈んでいる」》という事
は「気持ちが弱って」いたり「ヘコんでいる、沈んでい
流」状態ですから、気持ちは下がり「エネルギー的にも
低下」しています。ですから「精神的」には良くない
状態だと言えます。そんな時は誰でも「波も立ち難い
状態」です。何故なら、そこで下手に「感情」を沸か
せると「泣きそう」「めげそう」な気持ちが溢れ出て
しまうから、誰もが「波を抑えよう」とするのです。
こんな事が長く続いた場合「精神」だけではなく、それ
に繋がる「身体」をも「ダメージ」を受けて、それが
「鬱」や「自律神経失調症」「双極性障害」に繋がって
いくのですが、この状態を「中医」では「気虚」「気滞」
と表します。
ここまでは「氣の波」の「強弱」で見ましたが、例えば
「氣が弱っている時」信頼出来る誰かと他愛の無い話し
をするだけでも「元気」を少しもらえる気がします。
逆に、この人と会ったら何故か「元気が無くなる」又は
「しんどくなる人」もお知り合いでいるでしょう。
《これは単純に「氣」とは物理みたいに「多い、強い」方から「少ない、弱い」方へと「流れて」いってしまう「性質」があるからです。これは「中和」とは異なりますが、万物が「均一化」しようとする性質から「熱力学法則」にも似た性質を持つと言えます。》
では、次はこれを「性格」での「両極」で「比べてみる」
と更に良く解ります。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました