「気遣い」こそが人の最高の技量である(「一つの力」の行き着く先が「気遣い力」)1

このブログは現在2200本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。


気功ランキング

精神世界ランキング
精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ
にほんブログ村

お知らせ【YouTubeでブログを視聴できるようになりました!】
★「氣塾」公式サイト氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。お申込お問合せは→ブログをyoutubeで視聴できるようになりました!ブログをテーマ毎に、YouTubeで...
開催日程 | 氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

時折、「修行は何処まで続くのですか?」とか、

「修行を続けると最後はどうなるのですか?」なんて

「ご質問」を受けることがあります。もちろん

《「修行」とは「無極」》ですから「極まる、終わる」

事は無しですし、私も未だ「氣塾」を通して「修行」

を続けている身ですから、あれこれと「言い伝えられて

いる境地」は有りますけど、日々それに向かって「精進」

を重ねていく事を繰り返せば、また新たな「境地」にも

至れると信じて行なうのみということだと思います。

《ただ、その中で人としての一つの「力、能力」の
「境地」として、「気遣う力」が「最も大きく重要
なのだ」という事は「ひしひし」と感じている今日
この頃ではあります。》

まず、私は確実に「気遣う力」というものが「力、能力」

の「一つの境地」として存在している、のには間違いが

ないと認識しています。なにより単純に考えても、

《「他の人を気遣う」という事は「精神内のゆとり」が
「成せる技」です。》

それは「20代、30代」の「ギラギラ」した「年代」には

あまり「相応しくない」事かも知れません。「40代」にも

成れば「出来るか?」というと、まだまだ難しいもので、

どうしても「自分の事だけで精一杯」であり「自己中心的」

周りの皆さんの事を「広く思い計る」なんて、上っ面だけで

「客観」にさえ至っているのか?と言えば怪しいものです。

《そういう私にしても「気遣う」ことの「本当の真意」を
感じれるようになったのは「50代」になってからだと思い
ます。それは「この世」における「真の力」の追求から、
やがては「気がつく」ように出来ているからです。》

《つまり「一つの力」の「行き着く先」が「気遣う力」に
あります。》

それまでの、私にとっての「気遣い」とは、一つの小さな

「テクニック」にしか過ぎなかったと思います。何故なら

私は「25歳」の時に独立して、それ以来「事業」を行って

いますが、それには「従業員の方達」は必須でして、その

「従業員の方達」の「シフトや仕事」が「円滑に進む」

為には、どうしても「気遣い」が必要になる訳で、それは

「従業員」が「辞めない」為の一つの「テクニック」と

して必要なものだったのです。ですから、今考えると、

あくまで「自分が困らない為」であり「自己中心的」、

やはり「上っ面」「表面的」にしか過ぎないと思うのです。

よって「本当の意味」での「気遣い」が見えて来だした

のは、やはり「50歳」くらいからで、それは「自分」と

いう「根っこ」や「氣塾」を通しての「生き様」が

「定まり」を見せた時期でもありますし、やはり、

《人は「歳を取ると」見えてくる「景色」が変わるもの》

の通りで、まさに「景色」が変わっていく中で見えてきた

ものだと思います。

《それはかつて「両親」や「お師匠様達」に対して見えて
いたものであり、「両親」や「お師匠様」に対しての「子」
や「弟子」としての「甘え」や「期待」の部分。》

自分も「同じ立場」「同じような歳をくい」実際の子以外

の「子供」すなわち「弟子や生徒達」との関わりを持てる

ようになって、初めて「見えてきた景色」と言うのが、

一番しっくりくるような「面持ち」だと覚えます。

《つまり「気遣い」とは、どこまでも「親身」「親心」
と「同じ」ようなものだと知った訳です。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「氣塾」では「独立開業」したい「あなた」を「応援」します。「志」や「技術」は有っても、「どの様にして開業するか?」「開業しても、どの様にして集客するか?」知るべき事は沢山あります。そんな「あなた」に「数千年」と続く「技術を活かす為の技術」から営業に役立つ「呼吸法」まで、「セミナー形式」で「伝授」いたします。詳しくは「氣塾公式サイト」まで、お問い合わせください!!》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


スポンサーリンク
人間関係
古式マスターヨーガ「本当に使える《氣》の正体」

コメント

タイトルとURLをコピーしました