弟子との「ギャーナ」のクオリティ(「師の魂を受け継ぐ」とは「氣の移植」の事)3

「氣塾」・教室
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて、今回は弟子との「ギャーナ座学、Q&A」です。
普段の弟子との「質問、応答」をまた掲載してみたい
と思います。今回の「テーマ」は「前世を垣間見る」
そして「修行の世界」に付いてです。
《弟子》
「こんばんは。走馬燈をみるという現象も過去生へのアクセスする条件と似ていて、極限状態になったときと考えてよいのでしょうか?」
「もちろん死ぬ直前もそうですが、大けがとか事故をする直前などもブログ記事で書かれているニュアンスとは少し違いますが、「転機」ではないかと思いましたので。」
《私》
「そうですね、このブログのシリーズの3に書いた通りです。人とはかなり追い込まれないとその様な心持ちには成れません。それは何で自分だけとか、何で自分ばかりとか、その様な疑問を強く持つからこそ、その答えとして前世を垣間見る事が起きるのだと言えます。人の人生が大きく変わる時こそ「転機」ですが、転機とは他の人との出会いがもたらすとも言えます。自分が極限にまで困った時に出会った人に助けを求める事になります。それが出会いです。また、故事に《必要な時に必ず師は現れる》と言われます。それは単純に師匠だけではなく、その答えを持っている人と言えます。それは、その人にとっては考えられない程の問題だとしても、その人にとっては慣れていて平気な物事かも知れないからですね。」
《弟子》
「なるほどです。話はずれますが、ヨーガの呼吸をマスターすることで精神的にヨギーの性格が混じり、内丹の呼吸をマスターすることで内丹術師の性格へと自己の性格は変容するのでしょうか? また師から教わる呼吸法によって弟子の性格には師の性格が混じる、もっといえば弟子の魂に師の魂も混じるということになるのでしょうか?」
《私》
「まさにその通り《師の魂を受け継ぐ》の言葉の通りです。つまり師弟関係とは「気質の移植」ということです。正しい思考の仕方を移植していくのです。つまりは「流派」とは先人からの「魂の集合体」と言えます。よって流派には、より良い人に受け継がれようとする意思があります。それによって流派は3500年もの時を延々と生き延びて来たのですから。」
《弟子》
「なるほどです! アウトプットの材料で鬼滅の刃を選んでよかったです。 今までの修行のダイジェストのような感じになってます。」
《私》
「よって曲がった思考をする者を弾こうともします。クンダリニー症候群や所知障によって自らドロップアウトをさせます。」
《弟子》
「させなくても偏向していく感じになるんですかね?クンダリニー症候群や所知障へと偏向していくということですよね。」
《私》
「大概、その様な人の場合、1段目か2段目の5番の時に決まってドロップアウトします。見ていたら分かりますよ。急におかしくなりますから、だから5番は修行者の関所と言われるのです。」
《弟子》
「そういうことなんですね。 覚悟が決まり切らず、おかしくなってしまうということですかね? 首と胴がつながりきらないというイメージがしました。鬼滅の刃で鬼が走馬燈を思い出すパターンで多いのは心臓切られる・突き刺されるか、首はねられるときなんですよね。」
《私》
「気力というものはその人の「良い心も悪い心」も強化します。逆に言えば良い心だけ強くなる訳無いじゃん!という訳です。悪い心が強化されて良い心よりも上回ると、周囲全ての人を敵として「疑う」ようになります。つまり「猜疑心の塊」となり、周囲の関係を全て自ら切っていくのです。猜疑心の塊こそが「所知障」です。もう一つは「煩悩障」、これは煩悩が膨らみますから「依存症」の事を意味しています。」
《弟子》
「ああ、なるほどーーー じゃあ悪い心根の人はそこまで強くならないわけでしょうか? 悪い心根でもやたら強い奴もいるわけで、そういう人達は呼吸法というより何か別の術式なり技術にハマってしまうということなのでしょうか?」
《私》
「どんな悪い人でも、ある程度の良い心は有ります。ヤクザでも家では良いオヤジだったりします。この世の中は《憎まれっ子世に憚る》ですから憎まれてても強ければ世に憚るということを意味しています。単純に強くなるには「沢山の修羅場をくぐり抜ける」ことです。沢山の修羅場をくぐり抜けけて行けば、否が応でも強くなります。特別に悪の技術や黒魔術をやる必要はありません。「悪事も慣れ」と言われますが、人間全て慣れですから」
「単純に強くなるには修羅場をくぐり抜けるのが一番ですが、誰もがそんな人生を送れる訳はありません。よってより確実な方法として「修行」があるのです。修行とは技術として強化する方法です」
《弟子》
「そうですね、いきなり修羅場をくぐれといってもくぐれるものでもありませんし、修行を積み重ねるということが確実に強くなれる方法だと思いました。」
「そういう意味ではオウムは裏技にたより過ぎて自滅したのかなと思いました。 地に足をついて修行していないから現実と乖離しすぎていて、裏技頼みになっておかしなことを起こすべくして起こってしまった。 もちろん時代として成熟しきれないという風情もあったと思いますが、どこかインスタントに超人に簡単になれるという安直な変身願望に溺れてしまった末路なのではないかと感じます。」
《私》
「そうですね、安易に何の心構えや理想の形も無く、ただ飛んだりする感覚や超能力的なものを追い求めるとそうなると思います。ヨーガでも内丹でも「力」とは本来「パブリック」公共的な性格を持ちます。すなわち他の人達に「役立ってナンボ?」ということです。人に役立たない力はこの世の中には必要ないのです。」
《弟子》
「「力」は公共的でなければ、持て余しておかしくなってしまう、そこからクンダリニー症候群や所知障へと向かう道筋なのかなと思いました。なので5番やってて急におかしくなるのもそこまで力をつけても持て余しておかしくなってしまうからなのだと思いました。」

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました