感覚は全て「トンレン」が与えてくれる(トンが与えてレンが受け取る)1

トンレントンレン

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

いったん、お堅い話から離れましょう。毎月行なう
「氣塾」では「他の人の氣質」を「感知する練習」と
して「二人一組」で向かい合い「両手を差し出し」て
互いに「氣を循環」させる「トンレン行」というものを
必ず行なっています。不思議なもので、互いに手を差し
出して「適正な呼吸法」において「氣」を循環させて
いますと、
《仮に自分は「安定」していたとしても「相手の緊張感
のある氣」が自己の体内を巡り、自分も「擬似的」に
「緊張状態」にある「気持ち感覚」を味わえる様に成って
くるのです。》
これは「緊張感」だけではなく「寂しい」や「不安、怒り 」
「楽しい」「面白い」全ての「感情」を「感知」することが
可能ですし、「肩こり」や「頭痛」を含めた身体の「不具合」
「病変」をも、「精神」にて「繋いでいる間」擬似的に体験
する事になります。《もちろん「意識を相手から離して」
しまえば、その「融合」も「解消」される事になります。》
これが「トンレン行」の「真髄」なのです。
「トンレン」自体は「苦を受けて、楽を与える」という
「慈悲瞑想」を意味していますから、仮に相手が「寂しい」
感情があれば「大丈夫!」という慈愛を戻してあげれば良い
訳で、相手が「怒り」であれば「安静安定」で「落ち着き」
の方向に「誘導」してあげれば良い訳です。
《これも決して不可思議な事ではなく、あなたの「お友達」
にも、この人と会うと「明るく元気になる」という人が
居るでしょうし、また逆に、この人と会うと「変に暗く
なってしまう」という人が居ると思います。》
《それらは「相手から影響を受ける」という事ですが、
これを「意図的に行なう」という事なのです。》
その際、一つの「物理的な法則」に近いような「氣の力学」
が働きます。それは、
《その人の「気持ち」の「良し悪し」には関係なく、
「氣」は必ず「強い人」から「弱い人」に「流れていく」
また「氣」は「多い人」から「少ない人」に「流れていく」》
これが「鉄則」となります。「よく考えてください」
「良し悪し」は「関係」ありません。よく「悪い気持ち」を
「波動が悪い」なんて言いますが、それは「波の状態」が
「不快で悪い」だけで「何も無い」訳ではなく、それでも
「有る」のです。よく「気の強い人」は他人からの「悪意」
からも「影響」を受けませんが、
《それは「氣が強く」「氣の循環」も「強い」ので、相手の
「悪意のエネルギー」を受けたとしても、その「エネルギー」
を「ミキサー」で分解しているから「平気」なのです。》
だから《憎まれっ子世に憚る》、つまり「憎まれっ子」でも
「氣」が強ければ「世に憚る」事が可能になるよ!という
事を示していて、
《誰もが、まず「氣」が「強くなる」必要がある!》という
私の「主張」に繋がるのですよね。
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました